無駄に HD なんだな。

 とりあえずアニメ本編。原作は知らないが、とりあえずテンション高めでよさそう。釘宮ボイスに、若本ボイスだし。:-)

 で、肝心の OP/ED テーマ。両方とも高瀬作編曲と高瀬ファンには大喜び……と言いたいところだけど。どうなんだろう、もうかつての高瀬節を聞くことは不可能なんだろうか。「ロートルファンうぜえよ」と言われるんだろうけど、やっぱり高瀬氏の作風ってこういうのじゃないんだよね。少なくとも自分の中では。
 このアニメにあわせてこういう曲なのか、KOTOKO/MELL の曲だからこういう曲なのかは知るところではないけど、その中でもどんどん“高瀬らしさ”というものが薄れていっている気がする。

 今まで自分が聞いていたアーティストは、みんな方向性が変わっていって自分とはあわなくなって聞くのをやめてしまった。何かのインタビューで高瀬氏は「今が大事、不変じゃない」という旨のことを言っていたけど、やっぱり作る側としてはマンネリって怖いものなんだろう。

 それでも高瀬氏の曲は自分の音楽人生でいちばん自分の感性にあった曲を作った人であって、それは今でも変わらない。だからこれからも小言を言いつつも追いかけていく。「しつこくてサーセンw」てなところですかね。:-)