いや、正直勝つとは思ってなかったんで。

 秋山は小橋に勝つまでベルトを腰に巻かないって宣言してたから、小橋とやるまでは持ってて欲しかったんだけどね。でもさすがに小橋の手術は成功したとは言えど、第一線に戻るまでにはそれなりに時間もかかるだろうし、秋山のモチベーションが多少落ちてしまっていたのもあるかもしれない。
 しかし、そういうことを鑑みても試合に勝利した丸藤は立派。いつしか三沢がジャンボ鶴田に勝ったときを思い出した。

 冒頭の「正直勝つとは思っていなかった」は、三沢がデビューしてからジャンボ鶴田に勝つまでの時間に比べ、丸藤が秋山に勝つまでの時間のほうがはるかに短いから。もちろんこれは昔と今ではスタイルも違うし、全日本という会社がそれを必要としていなかったし、許すスタイルでもなかったからだと思う。

 丸藤はこれからが今までよりも大変になる。三沢もジャンボ鶴田に勝った後、再戦して勝ち続けたわけではない。“あの”バックドロップで沈んだシーンが鮮烈に記憶に残っている。他の同世代の選手からも確実にマークされるだろう。だがそれを乗り越えなければ真のチャンピオンにはなれない。

 これからが楽しみだ。やはりノアは本当に面白い。