仕事帰りの電車での出来事。

 とある駅で、ドアが閉まって発車しようとしたところ、「ドアをもう一度開けます」と運転士(ワンマン運転のため)のアナウンス。ふと近くのドアに目をやれば、車外から明らかに故意に突っ込んだ傘が挟まっている。そう、このままでは乗れないとふんだ迷惑ババアが、傘を突っ込んで強引にドアを再開閉させたのだ。直後に「傘をねじ込むなど無理なご乗車はおやめください」と運転士のアナウンスが流れたが、当のババアは知らん顔。
 乗務員が気付かずそのまま発車すれば事故になる。迷惑ババアが怪我しようが死のうが知ったことではないが、そうなれば当然電車が止まるから大多数の人間が迷惑を被るわけで。

 自分さえよければいいと考えている奴、もう一度人生やり直せ。