E.S.F とは書いてる人が同じでも、あくまでここは“あいだ”個人の blog です。だもんで、5 月の記者会見同様、お気楽に、10.15 の顛末を書いてみようかと。

 まずは当日の天気。数日前の天気予報では東京は前日は終日雨で、当日は曇りのち雨。今考えると 5.30 の記者会見は、「歌い手さんの中にいる、雨女パワーが勝ってたんだなあ」なんて思いつつ、本番も「雨女の勝利かあ」なんて思ってたんですが。
 ところがどっこい天気予報は大はずれ。前日は雨どころか快晴に近い天気で、当日も曇りがちなものの、日向にいると暑いくらいの天気で、本番は晴れ女の勝利だと思ったら…、っとこの続きは最後に。

 さて、物販もあるし、友人との待ち合わせもあるし、昼には現地に着こうと少し早めに家を出ます。現プロレスリング・ノアの所属選手が全日本プロレスを離脱する前は、年 6 回は武道館に試合を見に来ていたので、武道館への交通手段は再確認するすべもなく、三田線から神保町で新宿線に乗り換えて九段下へと、いつものルートでそこまではよかったんですが。
 神保町で、やって来た「急行」 橋本行きに、種別は全く気にせず、浅草線感覚(浅草線はエアポート快特以外は、どの種別も各駅停車)で何も考えずに乗り込みます。さて、九段下で降りようかと…、あれ? 止まりませんよ? よくよく思い出したら新宿線は急行運転やってるんでした。まあ、次の市ヶ谷には止まったので、そこで降りて一駅戻って事なきを得ましたが。一般人はこういうミスしちゃいますよね。ぼく鉄ヲタじゃないしー。:-) しかし、地方から出てきた人にとって、東京の地下鉄はさぞわかりにくいと言うことが身をもってわかりました。

 さてようやく九段下に着きました。6 年ぶりぐらいでしょうか。駅の階段にはエスカレーターが増設されていて、バリアフリーが進んでるなーと思いつつ外に出ます。千鳥ヶ淵は桜の季節に来るとかなり綺麗なんですけど、今の時期はさすがに。ただ、6 年前に比べて堀に蓮だかなんだかの浮遊物が増えている感じがしました。水も気持ち淀んでいるような。
 坂をあがり田安門をくぐり、武道館に着きました。そこで視界に入ってきたものは!

 …なんだか無駄に長くなってるんで一旦切ります。その 3 へ続く。