ちょっと話が飛躍しすぎていたような感じでした。小説の作者ではないかという噂が出てしまうのはまだしも、出版社に乗り込んだところで、あんなにあっさり通してくれるわけが無いと思うんですが。
 この作品って日常や学園生活での、「なさそうだけどありそうなお話」ってもんだとイメージされてるんで、こういう話が出てくるとちょっと違うかななんて思ってしまうわけですよ。
 フォローしておくと、アニメに対しての感想なんで、原作読んだらまた違ってくると思うんですけどね。つまり、原作エピソードを端折るにしても、見ていて納得いく展開にしてくれと。
 また次回に続くお話なので、次回を楽しみにしたいと思います。

あ、今回の見所は祐巳のやはりニーソックスでしょうか。このへんはビジュアライズされるアニメならではのシーンですね(なんのこっちゃ)。