すっかりほっぽってたけど。

 中盤のころがいちばん面白かったかな。序盤はつまらなくて、見続けてたらそこそこ見られる展開になったんで見ていたけど、終盤はひたすら暗い話で見ててキツかった。
 曲は良かったです。後期 ED の “存在” はアルバム『Dolce』にフルコーラスが入ってるんですが、ショートバージョンではカットされてる展開があってかなり良かった。このアルバムはこの曲目あてで買ったけど、他にも結構いい曲が入ってたんで、あたりなアルバムでした。