☆車内暖房の設定温度1度下げる/京浜急行電鉄☆

 CO2 排出削減はいいことですが、マニュアルに縛られるのではなく、フレキシブルに対応して欲しいですね。早朝、深夜帯では現状でも寒いというのに、これ以上寒くされてしまうのはたまりませんし。
 逆にラッシュ時のすし詰めではもっと下げてもいいくらい。車内は蒸し風呂なので、一段下降窓タイプの車輌では、窓を少しだけ開けているという光景はよく見られますし。そう言う意味でも、新 1000 形のはめ殺し窓は本当に何とかして貰いたいところ。
 あとは、普通待避列車の戸閉半減を徹底して実行して貰いたいですね。日中閑散時に 800 形の 4 扉全開で待避しているのでは、暖房なんて殆ど意味がありませんから。