なんか今年で最後らしいんで行ってきました。今日もいいお天気で。

 んでもって、先日の東総車セの一般公開に比べてだいぶしょぼい感じでした。まあ規模が違うからしょうがないっちゃしょうがないですけど。工場内部の公開も一部のみの解放で、入るのに行列が出来てるくらいだし。更に、交通の便も悪いし、20 年ぶりぐらいに湘南モノレール乗っちゃいました。500 形だったんで、聞き慣れた京急 1000 形と同じロータリー式コンプレッサーの音が聞こえてきて、ああ、ホントに同じだとか思ったり。

 一応目玉は、これまた廃止が近い 113 系の湘南色と横須賀色の並びだったみたいですけど、ピットに突っ込んだままで、なおかつ車輌前面にタイガーロープが張ってあるもんだから、子供を前に立たせての記念撮影が多くて、鉄ヲタには不評だったことでしょう。:-)

左から、E231、113、113、E217
ま、こげな感じ。

 んで、今度さいたまに出来る鉄道博物館に展示される予定の 20 系は既に修繕が済んでいるようで、ピカピカになっていました。さいたまでは内部公開もして欲しいですけど、まあ無理ですね。

ナハネフ22 1
ナハネフ22 1 屋外で録れるのもこれが最後っすかね。

 基本的に JR ものは興味がないんで、見るところだけざっくりと見てとっとと帰ってきました。でも異様に疲れたのは何でなんだろう。

哀れ、重機の餌に
おまけ。以前は解体実演とかやったそうですが