背ラベルのスペルミスって前にもあったような気が…。

 やっぱりそれっぽい曲だけ集めちゃうと、アルバムとしての面白みが無くなる感じがする。個々の曲は良くても、連続して聞いてると飽きるというか。敢えていわゆる “デンパ曲” だけ集めるんじゃなくて、普段のアルバムに混ぜる形で良かったんじゃないかと。元々違うコンセプトで作られている曲をまとめたアルバムなんだから。

 新曲は二曲とも高瀬氏作編曲だけど、4つ打ちじゃないし、ギターバリバリだし、高瀬氏もだんだん原点から離れていってしまってる気がする。いつか路線変更で離れる日が来るのは逃れられない運命なんだろうか。