ということで 10 周年記念で発売された CD-BOX。歌詞を見るに、おまけの映画の各歌い手の役どころを題材にした曲になっているよう。

 自分は発売を楽しみにするタイプなので、基本的にお気に入りのアーティストの場合、試聴曲などは一切聞かないのだが、今回は公式サイトの“ちょっとだけ”試聴曲でざっと聞いてみて、いいなと思ったのは MELL の「殻の蕾」だった。
 で、実際にフルコーラスを聴いてみたらやっぱりこの曲がいちばん気に入った。マンネリと思う人もいるだろうけど、C.G mix お得意のピアノバッキングにシンセにフィルイン。サビのメロディも俺好みだし、長めの間奏。俺はこのパターンが聞いていていちばん安心するんだよね。ギターの横田氏とのコンビもいい感じと思う。

 ところで他の曲だけど、今は歌い手とクリエイターは毎回ほぼ固定の組み合わせが出来ているので、今回もそうだと思ったら KOTOKO の曲が井内氏でちょっとびっくりした。こういう打ち込みも出来るようになったのか、それとも今までやらなかったのか。少なくとも今までの井内曲では個人的にはこれがいちばんいい。

 あとは C.G mix が自身の 2nd album を目前にして一人だけ 2 曲書いている点。自身のフルアルバムを控えて大変な時期だと思うんだけど、大丈夫なのかなってファンとして余計な心配をしてしまう。期待しているからいいアルバムに仕上がってくれると嬉しいんだけど。

 映画は興味がないので見てません。そもそも 10 周年記念とはいえコンセプトがわからないし。誰だよこんなの企画したのは。あ、でも歌詞有りの「HYDIAN WAY」だけは聞かないといかんな。:-)