Skip to content
 

Nise-Itchatteru Hibi

This is not a diary.

Archive

Category: anime

GA と私

11月 24

 ごめん、長いね。「一行目だけ読んだ」なんて言わないで。

 最初に GA を見たのは二期の一話。それまでは「CCさくらのスタッフが制作!」てなコピーで CM 打たれてた事ぐらいしか知らなくて、別に気にも留めていなかった。何となく見た二期は、地上波初放映なのにキャラの紹介も全くされなくて、「一見さんのためにキャラの紹介ぐらいやり直せよ」と思ってそれっきり見るのはやめた。覚えているのは、それまでは CCさくらのようなシリアス系だと勝手に思いこんでいたんだけど、実はギャグアニメという事がわかったのと、プロレスの試合に対して蘭花が「しょっぱい試合してんじゃないわよ!」って言った部分に笑ったこと。「しょっぱい試合」ってプロレスファンじゃないと知らない表現だから、脚本書いたのははプロレスファンだなと。
 そして三期が始まる。二期で見限ってたのに何故かまた見始めてしまうが、今度もやっぱり訳がわからない。でも今度はなんとなく惹かれる感じがしたのか、何回か見ているとミントが坊主頭になって、さらにのっぺらぼうになってしまう話(#8「つるつるパスタ」)に出くわす。主要キャラ、しかも女の子をここまで壊す。これが琴線に触れた。
 もうひとつ GA が気に入ったのは、毎回必ず主要メンバ全員を出さないという構成。無理に毎回主要キャラ全員を出さない事によって、各メンバに重点を置いた話が出来るし、キャラクタ描写の掘り下げが出来ていると言うところ。普通は戦略上、無理にでも毎回主要キャラ全員が出るようなアニメが多いんだけど、GA はそうじゃなかった。
 GA が面白いと思って見続けるきっかけになったのはこの二点。パロディが多いからとか、特定の声優に入れ込んでるから(いや、かないみかはイイが)とかそういう事じゃなかったわけ。

 一期から順番に見てる人は、「三期なんか GA じゃねーよ!」という人が自分の周りには多いみたいだけど、自分は三期にハマってすぐにまとめて一期見ちゃってるんで、たいして違和感なかったりします(二期はまだ全部見てなかったりする)。そんな自分はゲームとか漫画の GA はダメですけど。自分にとって GA =アニメ。
 四期は楽しみにしてます。特に心配はしてません。だって GA ですから。まあ、始まったら始まったで「こんなの GA じゃねー!」なんて言ってるかもしれないですけど(笑)。でもそれも GA なのかもしれません。
 関連記事。GA つながりってだけですが…(笑)。

 遂に公式発表されたようで。
 このままだとでじこが予定通りならば来年4月までなんで、枠はその後が濃厚でしょうか。でじこが1月いっぱいで打ち切りになって、そのあとが GA 新シリーズなんてったらすごい笑えるんですけど。:-)

 二話目にして作画崩壊してたんでどうなることかと思ったけど、とりあえず大丈夫そう。

 ED の場面になったら、通りがかったオフクロが歌(見上げてごらん夜の星を)に合わせて口ずさんだのでびっくり。聞けばかつて坂本九が歌っていた曲とのこと。作詞が永六輔で作曲がいずみたくだから、何故だろうと思ってたらそういう事だったわけね。調べてみると結構いろんな人がカバーしているようで。名曲は時代を超えて歌い継がれていくと言ったところですか。

 電撃大王、毎月買ってるんだけど読んでなかったんだよね。

 一話二話を見たときは、その構成と「またおねーちゃんに銃かよ、もういいだろ」とか思ったんですが、ここ数話はそんなに悪くないみたいです。しかし内容が結構エグい作品なのねこれ。銃弾は腕で受け止めるわ、腹にナイフ刺さって平気な顔してたりとか。うるさい団体からの抗議とか来ないんだろうかと思いつつ、最初文句言った割にはちゃんと見てたりします。:-)

 まあ、ここでも百合なわけですが。

 ちょっといい話でホロリとさせられたあと、いきなりの急展開で息つく暇もない感じ。見ていて時間を忘れますなあ。いいところで終わって次はまた二週間後。待ちきれないっす。
 そういえば昔のアニメって、こういう風に次に引っ張って終わるものが多かったような気がする。毎回必ず主人公がピンチで終わるところなんか、子供心にヤキモキしたもんです。

 ハイレベルなショートシリーズも今回で終了。

 よく動くし、作画も安定してたし、見ていて楽しいと思えるシリーズだけど、11回で終わってしまうのがとても残念。前期の本編シリーズも未完だし、本編シリーズの続きをやって、その後にまたショートシリーズをやって欲しいところ。前シリーズは宗介の戦争バカっぷりが面白くて見始めたんで、次もショートでも良いんだけど、ま、シリアスあってこそのショートシリーズだから。

 今回は「さわってごらん、ウールだよ」がいちばんウケた。

ヤミ帽 #7

11月 17

 いきなりこのネタかよ。:-)

 TVK の番組表から7話の放送予定が抜けていて、しかもナイスなタイミングで内容がアレだったもんで、倫理規制による放送中止じゃないかと各方面でかなり物議を醸してしまったようですが、単に TVK のページ更新が間違っていたというオチの模様。更新済み番組表

 これで一週遅れで何事もなく放送されたら、TVK の壮大な釣りだったって事になりますな。おれ? MX-TV で視たけど、釣られた魚の一匹です。(w

 7話は例のシーンだけ注目されてますが(そりゃ、アレもすごかったけど)、葉月のブルマの食い込みをさりげなく直すところとか、椅子に座るときにスカートを押さえて座る仕草なんかの細かい動きに感嘆してしまった次第でありまする。