Skip to content
 

Nise-Itchatteru Hibi

This is not a diary.

Archive

Category: train

「拠出金の打ち切りも検討」 京急蒲田駅通過問題で大田区長が会見 (産経ニュース)

 そこそこ話題になっているので、一応。こいつらダイヤとか、現状の利用状況知っての上で拳振り上げてるのかね。単に金出してるのに通過させるなんてふざけるな! って言いたいだけなんじゃないかと。それに止めないから金返せとか、ガキの言いがかりレベルで笑いを通り越して呆れる。

 それに蒲田は通学、通勤と数年利用したけど、わざわざ途中下車してまで寄りたいと思う街じゃないから。今なら足伸ばして川崎行くって。

 京急蒲田周辺以外の羽田空港利用者からはいい笑いものになっていることを早く気付いた方がいいと思う。

 たまたま線路脇を歩いていたら遠目に 205 系っぽくない前照灯が見えたので、おやっ? と思ったら East i-E だったのでちょっとびっくりした。
 このダイヤって公表されてるものなんだろうか。甲種輸送は雑誌に載ってるけど。

 手持ちの携帯電話で動画撮影してみた。近くで見ると洗車していないらしく、裾の部分が茶色くなっていて、車番の部分だけ認識できるように拭いてあった。:-) 事業車輌だからって手を抜かないで洗車しろよ。:-)


East i-E

 ちなみにオフクロは西武 2000 系の甲種輸送を見たらしい。今日は鉄の日か?

生麦駅でトランス火災、京急が一時運転見合わせ (YOMIURI ONLINE)

 ヘリがやかましいと思ったら、最寄り駅で火災があったようで。幸い大事に至らなかったようだが、それでも利用者には迷惑な話。野次馬は口々に「京急が長い間止まるなんて珍しいわねぇ……」と言っていて笑った。隣の JR 東日本は年中長時間運休して京急に振り替え輸送で迷惑かけてるからなあ。



この位置で立ち往生していた。乗客は既に降ろして移動済み


下りは発車してすぐの位置で停止。左が火災のあった建物。外見からは全くわからない


施設部の車。ニッサン車だった

最後の新聞専用列車 来月で引退 (東京新聞)

 未だに残っていたのが奇跡といえなくもないが、ついになくなってしまうらしい。また葬式鉄でパニックになるんだろうな。
 昔は官民問わず荷電や荷物専用車両併結されて当たり前のように走っていたが、すっかり昔話になってしまった。

 別に利用していたわけでもなく、身近なところを走っていたわけでもないが、こういう特殊な列車が無くなってしまうのは寂しいものである。

 関西在住の非鉄の友人から、「オレンジの電車に緑の車輌が挟まっててビックリした」とメールとたまたま撮影した写真が送られてきた。

 理由を聞かれたが、自分は鉄道は好きではあるが京急が好きなだけで、そこまで入れ込んでいるわけじゃないから、鉄道情報を網羅しているなんて事はないわけで。
 ということで“大阪環状線 103系 混色”をキーワードに検索してみると、どうやら 1/22 あたりから 1 ユニット不調で一時的に阪和線の 103 系と交換していて、こんな状態になっているらしい。修理が済むまでの暫定的な措置だから塗り替えはしていないんだろう。
 でもこういう事をするって事は大阪環状線には予備車が無くて、阪和線には予備車があるって事になるのかな。よくわかりませんが。

 ともあれ、首都圏でも以前は混色編成は幹線以外だとそれなりにみられたわけだけど、オレンジとウグイスの混色という組み合わせは珍しい。そんなわけで関西方面では話題になっている様子。

 しかし、一編成しかないのにたまたま乗り合わせるなんて運がいいねぇ。以下提供して貰った写真を掲載(承諾済み)。非鉄の人がたまたま撮っただけなので編成写真としてはわかりにくいけど。ホーム端に撮り鉄が写りこんでるのが笑える。:-)


大阪環状線の混色 103系

 近くに用事があったのでちょこっと撮影。いつもなら 1 ローテーション待つんだけど、時間がないので 1000 形だけ。
 既報の通り、今年のヘッドマークは 1 種類のみ。こうところにもコスト削減のしわ寄せが来ているのだろうか。


1351 編成

 1000 形のこの姿も今年が最後かな。

丸ノ内線車両に懐かしのサインウェーブが復活いたします (東京メトロ)

 とまあ更新後は昔懐かしのサインウェーブが復活するそうですが、今の丸ノ内線はホームドアがあるので殆どの人が気付かないでしょうね。
 地上の対向ホームなら反対側に来た列車で気付くかも知れないけど、そもそも一般人はそんなところは見ていない。

 やるなら昔の赤地にするくらいしないとな。無理だけど。

京浜東北線・根岸線209系引退で記念イベント (鉄道ホビダス)

 そんなわけで最近すっかり見かけない 209 系ですが、2010 年 1 月 24 日をもって京浜東北線から撤退することになった模様。「走ルンです」と揶揄された 209 系も葬式鉄の激パにますます拍車が掛かることでしょう。

 しかしホントに見なくなったと思ってそれ系のサイトを調べてみたら、もう 4、5 編成しかないのね。そりゃ見なくなるわけだ。毎度ながら東日本の車輌置き換えペースは半端じゃない。

 209 系と言えばデビュー当時は 901 系として 3 編成が試作として走っていたんですが、蒲田の某専門学校の窓から授業中にたまに見えるのが楽しみだった記憶があります。枕木方向に蛍光灯が設置された車輌が面白くて好きでした。まあ、その程度。


keisei_3668

 ここのところ 3050 形の牽引で大忙しです。

 京成 3050 形第 2 編成のお出迎えその 1。今回は後追いで。数少なくなった京浜間の鉄道柵で、そこに布団が干してあったり。今ではこういう光景がほとんど見られなくなったのが寂しいところ。


京成 3661