「かれんビー」はこれで終わりなんだが、今回は随分と端折るところを間違えているような気が……。もう一度原作を思い起こしてみても、偽物語(上下)の原作はあまり面白くなかったことしか思い浮かばないけど、話自体は破綻しているという印象はなかったからなあ。それとも単に忘れているだけなのか。
 それでも、原作の火憐と阿良々木兄のバトルシーンの描写は出来が悪かったことはよく覚えているので、それをどう映像化するか期待していたんだけど、今シリーズのあり得ないスタイリッシュさを更に発展させた映像になっていた。まあ、正直あれくらいはっちゃけないと、今シリーズでやってきた演出と一貫しないってのもあるんだろうな。オチは原作を忘れているからアニメで思い出そうと思っていたんだが、あれでは何だかさっぱりわからん。:-)

 下巻「つきひフェニックス」については、歯磨きと「キメ顔」をどう映像化するのが楽しみなだけかな。前シリーズから原作のセリフ通りというスタイルは一貫しているみたいだから、つまらない話しはどうにもならないだろうし。しかしこれで玄関破壊のハードルが上がったことだけは確かだ。