少し前に、自分が運営している Eternal Sound Fuctory(以下 E.S.F) というサイトの構成について書いた。今回、ようやくこのサイトのトップページを WordPress で管理するように変更したので、管理者という立場でなくいち個人としての立場でその辺のことを書いてみたいと思う。

 さて、この E.S.F だが、実はデザイン兼更新担当者がいなくなって早 5 年くらいになる。それからは当然だが自分が更新作業をしていた。
 このサイトをデザインした当時は、今のように blog エンジンなどを使ってサイトを構築することは主流になっておらず、静的 html を作成してサイトを構築するのが主流だったと思う。もちろん、このサイトもその構成で、ついこの間まですべての更新をテキストエディタで行っていた。古い記事は過去ログページへの移動など、殆ど全てが、である。ひどい例を挙げると、サイドメニューも全て静的なため、リストに掲載する CD などが増えると、全ての個別ページのサイドメニューに新コンテンツへのリンクを追加作業を手動で行うといったような、非常に面倒なことをしていた。勿論、当初はコンテンツがここまで増えることを想定していなかったというのもあるが、あまりにバカげた作業なので、その部分だけは後に場当たり的に php で細工をして動的作成にしていたが。
 例外は曲リストのページ。これも当初は静的更新だったが、数が増えるうちに静的更新ではあまりに作業が大変なうえ、検索やフィルタリングなども出来ず使い勝手も悪かったことから、この部分だけは随分前から独自に CGI を組んで動的作成の形を取っていた。

 そして、時代も変わり、非 blog な一般サイトも WordPress(以下 WP) などのエンジンを使って作成されるようになってきて、更新作業が面倒だし、うちも WP で管理するようにするかと思ったのがこれまた数年前。
 で、なんで今まで行わなかったのかというと、レイアウトなどの構成で悩んだという面もあったが、実際のところは自身の IVE 熱も冷めつつあって、更新頻度も下がってきたし、今更システム更新することもないか、と延ばし延ばしになっていたのが実情。

 じゃあなんで、このタイミングで? ということになるが、最近 WP をいじる機会が多く、ちょっとした改造ならすぐにできる自信があったということが大きい。改造のクセとか構文とか忘れる前にやっといた方がいいってのがあるからね。
 これは自分の悪いところなのだが、作業を始めるまでが滅茶苦茶おっくうだけど、いざ作業を始めるとあとはスイスイと作業は進んだ。懸念していた News、Release カテゴリの分離や、そのリスト表示などはスケジュールプラグインのちょっとした改造と流用で思っていたよりうまくまとまった。

 過去のコンテンツの移行も考えたが、さすがに分量も多くレンタルサーバの契約プランの関係から、MySQL に割ける容量が極端に少ないので、下手に移行しないでおいたほうがいいということで、そのまま見て貰うことにした。あとはリストの更新が止まっているが、これはもう注釈付けて更新を停止しようかと思っている。他の詳しいサイト見てください、てな感じで。:-)
 実際、サイト自体を閉鎖してもいいんじゃないかというレベルに来ているのかも知れない。しかし、自分自身にサイトを続ける気力ぐらいは充分残っているし、なにより EUROBEAT や TRANCE 関係のリストは多分世界でもうちだけなので、これを消すわけにもいかないなということもあった。

 まあ、そんなこんなでサイト立ち上げ当時のポリシーである「媚びないアウトローファンサイト」(違ったかも? まあいいか:-))は今後も変わることなく、淡々と更新されていくことになると思う。