備忘録シリーズもデータが飛んでしまっては何の意味も無いな。

 先日、WordPress での作業を依頼され、そこで対処を頼まれたときのこと。また起きたときに忘れるとアレなので、対処法をメモしておく。

 WordPress ダッシュボードに“Notice: has_cap の使用はバージョン 2.0 から非推奨になりました ! 代わりに プラグインやテーマでのユーザーレベルの使用は推奨されていません。代わりに権限グループと権限を使ってください。 を使ってください。”の警告が出る場合がある。
 これは表示される“functions.php”にエラーはない。この警告メッセージを表示している行が原因の行として表示されるから話がややこしくなる。実際は、その原因を持ったプラグインを導入したときに表示されるのだが、複数のプラグインを一気に導入してしまった場合などは原因を追及するのが大変かもしれない。

 で、その原因はプラグインにある。プラグインで“add_options_page()” という関数を使っていて、その 3 番目の引数は role を指定するのだが、これを数字で指定するとこの警告が出る。
 おそらくは“8”になっていると思われるが、プラグインは基本的に administrator しか使わないので、これを“’administrator’”に置き換えてやることによって、この警告を出さなくすることができる。