Skip to content
 

Nise-Itchatteru Hibi

This is not a diary.

Archive

Tag: WordPress

 RADEON ユーザーにはお馴染みの「カスタマーイズ」。最近は直ったとか。

 というわけでざっくりテーマをカスタマイズ、といっても邪魔なの消したり、サイドバーを以前の状態っぽくしてみたりとかだけど。このテーマ、デフォルトではヘッダ部分にカテゴリーと固定ページへのリンクが設置されていて、見づらかったのでざっくり削除。あと、サイドバーにはカテゴリ一覧とメタデータが仕込まれていて、これもウィジェットで自分の好きな位置に配置すればいいだけなので削除。こんなところかな。
 あと、最近のエントリーのタイトル一覧って必要かね? 自分は他の人の blog とかみてもその項目見ないんで、要らないと思って今回は付けなかったんだけど。みんな見てるのかな?

本家復帰

5月 5

 Exass さんのサーバが復帰したとのことで、知らない間に本家が立ち上がっていた。

 ということで、またここで再開するにあたって、パーマリンクの変更をしようとしたんだが、mod_rewrite がうまく動かなくてデフォルトから変更できなかった。マジメにやっている blog なら解決しなければならないんだが、別に SEO とか必死にやるわけでも無く面倒なのでほっとくことにした。

 あと、別館に書いていた記事をインポートしようとしたんだが、「このプラグインには有効なヘッダーがありません。」とか出てインポートできない。なんでだよチクショウとぐぐったら、プラグインの readme.txt の ‘Tested up to:’ を使用している WordPress のバージョンに合わせないと動かないらしい。今は Ver.3.1.2 なので、それにしたらあっけなく動いた。相変わらず WordPress のエラーメッセージはトンチンカンすぎる。

 備忘録シリーズもデータが飛んでしまっては何の意味も無いな。

 先日、WordPress での作業を依頼され、そこで対処を頼まれたときのこと。また起きたときに忘れるとアレなので、対処法をメモしておく。

 WordPress ダッシュボードに“Notice: has_cap の使用はバージョン 2.0 から非推奨になりました ! 代わりに プラグインやテーマでのユーザーレベルの使用は推奨されていません。代わりに権限グループと権限を使ってください。 を使ってください。”の警告が出る場合がある。
 これは表示される“functions.php”にエラーはない。この警告メッセージを表示している行が原因の行として表示されるから話がややこしくなる。実際は、その原因を持ったプラグインを導入したときに表示されるのだが、複数のプラグインを一気に導入してしまった場合などは原因を追及するのが大変かもしれない。

 で、その原因はプラグインにある。プラグインで“add_options_page()” という関数を使っていて、その 3 番目の引数は role を指定するのだが、これを数字で指定するとこの警告が出る。
 おそらくは“8”になっていると思われるが、プラグインは基本的に administrator しか使わないので、これを“’administrator’”に置き換えてやることによって、この警告を出さなくすることができる。