Skip to content
 

Nise-Itchatteru Hibi

This is not a diary.

Archive

Tag: シムーン

 記憶力と洞察力と想像力が試されるアニメだったなーと。記憶力悪い自分にはスミからスミまで楽しめたかというと疑問だけど、それでも佳作の分類には入るアニメだったかな。

 最終話は賛否両論だと思う。とりあえず翌朝早起きして 1 回みて「いまいちよーわからん」だったけど、その後落ち着いてもう 1 回見ると、「ああ、なるほど」、と。もうちょい尺があればよかったかなって感じはする。

 そんなわけで自分にとっては一ヶ月ちょいだったシムーンは幕を閉じたのでした。ってまだ DVD ローンやドラマ CD が残ってるけど。:-)

 月曜が休みだと曜日の感覚が狂うなあ。

 さて、シムーンも佳境なわけですが、自分の場合夏休みに一気に見たので、シムーンに関してはここ一ヶ月くらいの凝縮された出来事なんですよね。
 で、総作監・キャラデザである西田さんの blog を眺めているわけですが、#25 のクレジットで原画に西田さんの名前があったので、「おや?」と思っていたら、なんと礼拝堂のシーンを全部担当したそうで。しかも動画で崩れないようにコマ割りも細かく入れたとかで、その思い入れとパワーには頭が下がります。

 そしてトップページには若かりし頃のわっふんが! さて次回最終回は内容からして、えらい量のキャラデザがあったようでこれまた楽しみであります。終わってしまうのはさびしいけれど。

 見残していた分と、昨晩放送分を見て放送に追いついた。

 まあ、言ってしまえば雰囲気アニメなのかもしれないけど、すっかりあてられてしまった。#20 でマミーナが逝ってしまうが、必要以上にお涙頂戴的な描き方をしていなくて良かった。
 これから物語の核心に迫っていくようだが、1 話完結でなく毎回次回が待ち遠しいところで終わらせるので、見ている方はなかなかヤキモキしてしまう。

 もうだめだーってことで、konozama で DVD 予約してしまったが、ちゃんと届くだろうか。まあ、特殊な限定版とかなさそうだから大丈夫そうだけど。
 あと、CM で savage genius の 1st album が出ていたのを知ったので買ってきた。『うたかた』で知ったけど、結構いい曲を書くんだよな。

 

 西田亜沙子さんがキャラデザやってるから見なければと思いつつ、微妙な評判で見るのを躊躇していたんだけど。

 有明まんがまつりで買ってきて貰った、きみづか葵さんの本にシムーンネタが載っていて、「最初我慢してみれば後は面白い」と書いてあったんで、休みを利用して録り溜めしてあるのを一気に見ることにした。まあ、最初我慢してみなければいけないって時点で、話の展開の仕方としては本来ダメなわけだが。

 確かに最初は微妙。でも見続けると結構面白い。戦争自体を描くのではなく、それに参加する巫女たちの心理描写や関係がメインなので、そう言うのが好きならば見られる作品だろう。バリバリの百合作品だし。しかし、テレ東でよくこんなの流せるな。近親相姦ネタもあるし。

 あとはやっぱり西田亜沙子さんの絵はエロいですね。直接的なエロさでなく、絵から醸し出すフェロモンが何とも言えません。たまらんです。