Skip to content
 

Nise-Itchatteru Hibi

This is not a diary.

Archive

Tag: 涼宮ハルヒ

 久々の旧作パートに戻ったらあまりに作画が違いすぎて笑った。

 つーかもう 3 年半前になるんだね、これ。自分は基本的に事前情報とか仕入れずに視聴するので、当時 1 話のこれを見たとき 1 話で切ろうと思ったんだが、何故か見続けてしまったんだよな。あ、補足しとくと「(新)」の #25 って「朝比奈ミクルの冒険 Episode 00」ね。

 ED の大量ヤマカンクレジットが涙(笑いか)を誘いました。

 「エンドレスエイト」終了。結局“エイト”で 8 回が当たりだったらしい。

 まあ、こうして話題にすること自体が角川の思うツボなワケだが、真っ当な作品を作って話題作りをするのではなく、悪いこと(敢えて“悪いこと”と表現する)をやって話題作りという楽な選択をしたワケだ。
 結局、『涼宮ハルヒ』という“商品”が、まだまだオタク連中に商売になるから、こういった悪いことをしてメディアやこういった blog などに取り上げさせ、それで悪い意味でも露出度が高まればいいという戦略なのだろう。

 なぜならオタクどもはブーたれつつも、喜んで関連商品を買うという結果が出ているからだ。いや、信者はむしろ喜んでいるのか。

 こんなんだから、搾取会社の奴がインタビューで堂々と、オタクは映像作品などのリマスタリングや新規格媒体で出し直しても喜んで買うって言われちゃうんだよな。

 ハルヒの DVD がワゴンで山積みになりますように。七夕のとき、短冊にこう書いてつるせばよかった。

 2 ちゃんねるの妄想リークによると、「エンドレスエイト」は角川の指示で 6 回やるそうで。

 というわけで、6 回が本当かどうかはともかく、実際に 4 回目は放映された。制作が切羽詰まってるとかじゃなくて、単に原作のネタ切れで、出来るだけ話数を稼ぎたいだけのようだ。実際コンテも毎回違うし、バンクも見られないから、製作現場の手間だけでいえば新規に作り直してるのとほとんど変わらないんじゃないか。止め絵が多い気はするが。

 ただ、さすがにこれだけ同じ事を繰り返すのはあからさますぎる。「どうせお前ら文句言っても映像ソフトや関連商品買うんだろ?」てな臭いがしまくって、いい気分ではないな。まあ、いいにしろ悪いにしろ、またこうやって話題にはなったわけだから搾取側としてはウハウハなんだろうな。

 サブタイも単に 6 回「エンドレスエイト」が並ぶだけなんだろうね。ちょっとでもひねりが入ってるのかと思った俺の負けだ。

 3 ループ目。まあ、作品中では 15,499 回目になるようだけど。

 実際 3 ループ目はどうするかはキモだっただろうね。3 ループ目は新展開で、話が解決すればありきたりの展開になってしまうという予想を裏切りたかったんだろう。まあ、さすがに 4 回目はないだろうけど。いくら何でも 4 回目は視聴者にも退かれてしまうから。

 同じサブタイトルが 3 回並ぶだけってだけでも前代未聞っちゃ前代未聞だけどね。さて、今度のサブタイトルはどうするんだろうね。:-)

 サブタイトルまで #12 と全く同じって企画通すの大変そう。

 というわけで、ハルヒは愉しい時間が永遠に続けばいいのではなく(幾分はそういう気持ちもあるのだろうが)、やり残したことがあるためループし続けているようだ。15,498 回も。長門乙。
 ということでまた次回に続く! ってなワケですが、原作を知らない俺は次回のサブタイトルが実に楽しみ。

 そういえば今回は新作予測が出ていたのを思い出して、見たら新作だった。

 一見、他愛のない夏休みの描写のようだが、現役学生と学生時代を終えてしまった人では大きく感想が異なるだろう。
 自分の高校時代の夏休みって何していたか思い出してみたが、何やっていたのか全く思い出せなかった。パソコン同好会に所属していたが、毎日活動があるわけでもないし、バイトしていたわけでもないし。

 ただ、暇でしょうがなくて早く学校が始まらないかと思っていた記憶があるので、特に何もせず怠惰に過ごしていたのだろう。それだけに非常に羨ましい夏休みを送っているように見えて何とも言えない気分になった(註:表現が重複していたため修正)。

 やはり人間何かをしていないとダメになる。

 二期をやるとは聞いていたけど、一期の再放送と思わせておいて途中から新作に切り替えるとはなあ(って次回はまた再放送かもしれんが)。
 DVD 版の放送だから尺の都合で予告がなかったとか、今回も出所は知らないけど放送前に「次回は新作だ」とか情報流したり、そういうのも全部仕組まれていたって事だったわけね。
 もっとも一期も放送順がメチャクチャだったり、アニメ雑誌とかにも放送スケジュール出してなかったもんな。

 一期の放送ってもう三年も前になるのか。今回の話の内容も三年前にタイムスリップとか、にくい演出をなさる。
 しかし、年を取るごとに時間の流れが早く感じるのは何故なんだろうか。毎日同じ事を繰り返していると時間が経つのが早く感じるらしいけど、言われてみれば学校出てから毎日同じ事の繰り返しだもんな。生きるって難しいわ。

 で、次回も新作なんですか?

 少なくとも自分はここまでキチンと楽器を弾いてるシーンを描いているアニメは見たことがない。

 そりゃあバックの曲と完全に同期させて、運指まで完全同期させたら神だけど、さすがにそこまではね。それでも殆ど違和感を感じさせない描写は、さすが京都アニメといったところだったと思う。
 ギターもソリッドとセミアコで描きわけてるし、ベースも 1 曲目は指引きで 2 曲目はピック引きに描写変えてるし、やはり細かいところがしっかり描かれてると引き締まりが違う。ハルヒのアップでのクチパクも迫力出てたし。
 OP ではそんなに思わなかったけど、平野綾は結構歌うまいな。

 前回みたいに動かない回の労力を、こういう回に回しているんだろうなあ。

 尺の都合でオープニングが削られていたけど、決まったオープニングが毎回無ければならないものではないし、制作側もこうやってもっとフレキシブルに作れるといいんだけどね。
 もっとも、こういった変則的な事をやる場合は、放送局などに事前に了解を得ないといけないから面倒らしいけど。と、エマの DVD の副音声で小林監督がおっしゃってました。

 今月に入ってから何も書いてなかったんだが、top page にカレンダーが最初にポツンと表示されてて笑った。

 ネタはあるんだけど、一編続けて書くのをやめてしまうとそれが当たり前になって放置となってしまうわけで、すっかり忘れていた次第。

 で、表題の“4 月アニメ”。相変わらずのバブルっぷりで、「こんなに見きれるわけねーだろ!」って感じで録ることは録ってますが殆ど見てない状態。OP が I’ve な『ひぐらしのなく頃に』と、京都アニメ万歳な『涼宮ハルヒの憂鬱』を見たぐらい?

 今年は巨人が絶好調だから、ついつい野球中継を見てしまうので余計に消化も進まない状態。さすがに Seal は一段落して、テレビ見ながらペットに餌だけやってるんで影響はないんですが。

 しかし、この“アニメ地獄”はいつまで続くんでしょう。