Skip to content
 

Nise-Itchatteru Hibi

This is not a diary.

Archive

Category: sports

 今年はシーズンも勝った!! クライマックスも勝った!! 残るは日本シリーズだけど気を引き締めていくぜ!!

 巨人が優勝した。5 年ぶりだ。しかもヤクルトの宮本のサヨナラ暴投という劇的な幕切れ。5 年間も待ったのだからここは素直に喜びたいところ。

 しかし、今年からセ・リーグもクライマックスシリーズが待っている。先行実施しているパ・リーグはリーグ 1 位のチームが勝ち抜いたことは一度もない。ここが心配なところ。

 そしてもうひとつ。地上波の巨人戦中継が少なくなって久しいが、優勝が決まるかも知れない一戦を日テレは放映権を持っているくせに地上波中継しなかったこと(BS日テレで放送)。
 BS デジタル視聴機器の普及率は上がっているとはいえ、まだまだ地上波には敵うはずもなく見られなかったファンも少なくないだろう。特に年配ファンは。
 ホント、テレビというのは視聴率という数字だけが絶大な力を持っていて、それに振り回されるポリシーもへったくれもない世界だと思う。まあそのおかげで無料で見られるということはあるが、それにしても、だ。

 まあでも今日は素直に喜ぶことにしよう。5 年ぶりだしね。

 いや、正直勝つとは思ってなかったんで。

 秋山は小橋に勝つまでベルトを腰に巻かないって宣言してたから、小橋とやるまでは持ってて欲しかったんだけどね。でもさすがに小橋の手術は成功したとは言えど、第一線に戻るまでにはそれなりに時間もかかるだろうし、秋山のモチベーションが多少落ちてしまっていたのもあるかもしれない。
 しかし、そういうことを鑑みても試合に勝利した丸藤は立派。いつしか三沢がジャンボ鶴田に勝ったときを思い出した。

 冒頭の「正直勝つとは思っていなかった」は、三沢がデビューしてからジャンボ鶴田に勝つまでの時間に比べ、丸藤が秋山に勝つまでの時間のほうがはるかに短いから。もちろんこれは昔と今ではスタイルも違うし、全日本という会社がそれを必要としていなかったし、許すスタイルでもなかったからだと思う。

 丸藤はこれからが今までよりも大変になる。三沢もジャンボ鶴田に勝った後、再戦して勝ち続けたわけではない。“あの”バックドロップで沈んだシーンが鮮烈に記憶に残っている。他の同世代の選手からも確実にマークされるだろう。だがそれを乗り越えなければ真のチャンピオンにはなれない。

 これからが楽しみだ。やはりノアは本当に面白い。

 引き分け再試合と言うことで……。両者一歩も譲らず。さすが決勝戦という試合。若いって素晴らしい。

GPWA

8月 20

 GPWA が新日本と全日本不参加で発足へ (日刊スポーツ)

 気を取り直して…。

 昨日、思兼さんと会ったときにこの話が出て、「遂に来たか」と思った。以前から三沢社長はこういう構想を雑誌のインタビューなどで語っていたし、プロレスをキチンとした会社組織にしなければいけないと、自ら旗揚げしたノアは、福利厚生などを当たり前のことなのだが、一般の会社と同じレベルにした。
 先の小橋選手の腎腫瘍も会社側が実施している定期検診で見つかっている。他社多くはまだ各選手が各自で行うレベルか、会社側で実施しても血液検査レベルであるらしい。

 自分はノア以外の団体の試合を見ることはほとんど無いが、若手の育成方法なども統一機構を通して行っていく旨が既に発表されているし、なにより三沢社長が初代の会長と言うことで、心配することは全くない。

 全日はいずれ参加せざるを得なくなるだろうが、新日はつまらないプライドのためにここまで堕ちたわけで、この分だとこのまま消滅と言うことになるだろう。

 秋山社長の blog でも報告が。

 やはり開腹が大変だったようで。先日の健康診断のエントリにも書いたけど、小橋選手の場合は脂肪より筋肉だろうけど大変だったろうなあ。3 倍ってさすがだよな。焦らずゆっくり治してまた豪快なファイトを見せて欲しい。

 王監督の手術も成功しますように。

 先日のプロレスリング・ノアの小橋建太選手(腎腫瘍)に続いてホークスの王監督も…。

 二人とも必ず良くなって戻ってきてくれることを祈っています。

 高山復帰戦のパートナーが健介に変わったって聞いたから、「今の時期に怪我?」と思ったいたら…。

 膝の怪我から復帰して、伝説を作って、GHC タッグを取ってまたこれからと言うときに…。正直病気となると復帰は難しいと思う。でも小橋なら絶対に復帰してくれる。そう信じて待っていよう。
 

 松井秀が骨折、連続出場1768試合でストップ(YOMIURI ONLINE)

 松井も遂に連続出場記録が途絶えたか…。手首だと今後の選手生命に影響出たりしないかな。完治すればいいけど。

 おそるべしゾンビジャパン!

 なんだかんだ言っても勝てば嬉しいモノである。聞けばサッカーのワールドカップも最初は欧州勢の反対が酷かったと聞く。
 次回開催までに開催時期、第三国審判の徹底や大リーグ主導の運営など、今回の問題点をクリアして、真の世界一決定戦になるようにして欲しい。