Skip to content
 

Nise-Itchatteru Hibi

This is not a diary.

Archive

Category: PC

 CD 関係メディアの読み書きの不具合が多発している DVR-A12J ですが。

 memtest86+ のイメージを CD-RW に焼こうと思って、そういえばうちの DVR-A12J はどうなのかなと試してみた。

 うん、見事に認識しませんね。もちろん他のドライブでは読み書きできるので、メディアに問題はない。

 まあ、CD は Plextor のドライブで焼くから、このドライブでは使わないからいいっちゃいいんだけど、やはり気分はよくないわな。そのうち修理に出してこなければ。めんどくさい。

 未だにメインマシンはメモリに起因されると思われるアプリケーションエラーが発生して、完全安定動作していなかったのだが、最近になって P5W DH と Micron メモリは相性が悪いという記事を見つけた。
 これに買い換える前に買ったつなぎのマザーである 775Dual-VSTA とも相性が悪く、単に Asus と相性が悪いんだか、俺の運が悪いんだか知らんけどわざわざクソ高いのを買ったのにツイてない。

 んで、高校時代からの悪友にその話をしたら、「代わりに使って」と誕生日プレゼントに PC2-800 のメモリを 2 枚貰った。これはありがたいことである。
 そのメモリのチップを確認すると、M&S、Mr.STONE と dual 動作させるのに各モジュールでチップメーカーが違うではないか。しかもこのチップはご存じの通りかなり下のランクのチップである。2 ちゃんねるのメモリスレのテンプレには「おみくじ、宝くじ級」と評されていて笑ってしまった。まあ、当たりを引けば問題ないということなワケであるが、やはり気分的によろしくない(もらい物にけちをつけるひどい奴)。

 ということで、メモリの価格も上昇に転じているので、今のうちに買っておくかということで、SanMax の hynix チップの PC2-800 1GB x2 セットを買った。最近の ELPIDA は相性問題がかなりひどいのでやめておいた。
 でもって一晩 memtest86+ を走らせたところでひとまずエラーはなし。あとは実使用で今までエラーが起きるようなケースでエラーが起きなくなればもう安心。というかちゃんと動いてください。お願いだから。

 あ、貰ったメモリは次のマシンを組むときに有効活用させていただきます。

 livedoor blog への trackback(以下 TB) がことごとく失敗するので、他にも例があるだろうとちょっと検索してみた。どうもドメインによって spam と決めうちしてはじいているという話を見たので、はてなダイアリーから TB を打ってみたらあっさり成功した。

 その後念のため、はてなのテストエントリーに対して TB を打ってみたら livedoor とは別のエラーで失敗する。逆にはてなから TB を打ってみると受け付けない、というかこっちのログにすら残らない。はてな側では失敗した旨は出ない(仕様?)。

 実はこのサーバの設定が問題ってオチだったらいやだな。

 覚え書き。以下のプラグインを追加。

 Exass さんのエントリにもあったけど、各エントリが静的生成で、ファイル数がだいぶえらいことになってきたので、動的生成に変更してみた。

 MT は動的生成に癖があるので、http://www.h-fj.com/blog/archives/2007/03/07-124806.php のものを使って変更してみた。若干つまずいたけど(.static ファイルが残っていると何故か表示されないとか)、その辺をクリアしたらとりあえず問題なく移行できた感じ。

 個別エントリだけ動的にして様子を見たけど、これなら月別とカテゴリ別も動的生成にしても問題なさそう。

・メモ
find -name “*.static” -exec rm {} \;

 PHSサービスの終了に関するお知らせ (DoCoMo 公式)

 2008 年 1 月 7 日と予定より少し延びた模様。同時に代替となる PC 接続専用サービスも発表。64k パケット方式で月額 4,200 円(税込)。
 @Freed はファミ割どころか継続年割引もなかったけど、今度のサービスはどうなるのか。その辺が気になるところではある。Willcom の動きも気になるところ。

 弟がだけど。

 仕事で note PC が欲しいけど、どこのがいいかって俺に聞いたらそりゃこれしかないわな。なんか色々やりたいらしく金はあるというので、Y5 にさせた。
 春モデルは有料 beta test 中の Vista モデルしかないので、一つ前の XP 登載モデルにさせた。今月中なら 3,500 円で アップグレード版 Vista が買えるから、とりあえずそれを買っておいて beta test(俺もしつこいな:-) が終わったら入れ替えればいいし。つか XP で困る事って多分無いと思うけど。

 んで、弟は PC は全くの素人なので俺がセットアップやってる。キーボードは俺の T2 よりパコパコしてストロークが深くなった分打ちづらくなった感じ。真っ白なのも眩しいし、キーボードは昔の方が良かった。

 しかし、note でも普通にデュアルコアだもんな。恐ろしい世の中になったもんだ。

Let'snote T2 & Y5
T2 と並べてみる。相変わらずバッテリーがないと恐ろしい軽さだ。天板はノングレア加工でパコパコしてる

 ZERO3 がどうにも調子が悪いので、宅配修理の依頼をすべくサポートセンターに電話をする。

 お約束でオペレーターにつながるまで約 10 分。そこから修理の際に必要なものの確認、宅配業者の手配など、それぞれのフェーズで必ず「確認しますのでしばらくお待ちください」と担当者は待ち受け音を流して電話口を離れてしまう。
 45 分ほど電話口にいたが、担当者と会話をしていたのは正味 10 分程度じゃないだろうか。他は全部待ち時間。最後に「客を待たせすぎ。改善するように上に伝えておけ」と言っておいたがどうだか。

 だいたい、難解な質問をしたりしたら多少待たされたりしてもまだ納得が行くが、こっちの「修理の際に本体以外に宅配業者に渡すものはあるのか?」という質問に対して、「確認しますのでお待ちください」といって電話口を離れるのはもうアホかと。そのぐらい頭に入れておけよ。

 こっちがびっくりするぐらいしっかりしたサポートセンターを持つ会社って存在するのかな。

 オフクロが知人からこんなことを言われたそうだ。「お宅のお兄ちゃんは今度発売になったソフト買ったの? あれって速いんでしょう?」と。
 俺は「今度のもメーカの策略で早急に乗り換える必要はなし」と説明しているので、オフクロはそれを受けて「うちの息子は興味ないみたいよ」と答えたそうだが。

 やはり PC をよく知らない人がテレビとかの広告を見るとそう思うんだろうなあ。実際に快適に使うにはそれ相応のスペックと、それなりの期間の人柱による有料テスト:-) が必要になるのに、そういうところは隠してハードメーカはただ「買い換え! 買い換え!」と煽るだけだし。

 まあ、現行 OS で全然困ってないので、当面 Vista は仕事で使うだけだろう。

 結局回線トラブルもあって、ほぼ一日 blog デザインの直しになってしまった。Ver.2 から Ver.3 以降の時にしっかりやってなかったもんだから、Ver.2 の残骸が多数残っていたせいでうまく構築できていない部分もあったみたい。
 あとは Exass さんに任せきりで、version up でどこを変えなければいけなかったのか自分自身で把握していなかったのも敗因か。

 ダイナミックパブリッシングがデフォルトのテンプレートじゃ対応してないなんて初めて知ったよ。しかも PHP 入れてないと動かないみたいだし。

 とりあえず大きなトラブルがなければ、このまま少しずつ手直ししていけば ok かな。