Skip to content
 

Nise-Itchatteru Hibi

This is not a diary.

Archive

Category: PC

 ということでジャンク屋で外付け SCSI ドライブと、INEX の RS-200E を買ってきて SCSI 外付けケースを eSATA 外付けケース化してみた。

 別に電源容量さえ満たしていれば、IEEE1394 だろうが USB のケースでもいいんだが、穴が小さいのでハンドニブラとかで穴を広げたやらないのといけないので、元からコネクタ部分の解放部が大きい SCSI ケースの方が加工が楽。

 SCSI ケースの邪魔な部品を全部取っ払って、余っている 4 ピン→SATA 電源変換コネクタで変換し、SCSI コネクタの穴にこれまた余っている万能穴あきアルミ板を加工して、RS-200E の片方のコネクタを固定。アルミ板を固定するナットがなかったから、ケースにマザーボードを固定するスペーサを流用した。空いたままの穴は気にしない。:-)

 以前に SCSI ケースを流用して USB 化したときは ATA to USB 変換基板が必要なので、少し加工が面倒だったが、eSATA はコネクタの変換だけなので非常に楽。ジャンク屋やヤフオクでケース目的で入手して外付け化してしまうのは結構いいかも知れない。

加工内部画像

ケース背面画像

 なんだか今の勤務先が自分の所為ではないのに辞めさせられそうなので、むしゃくしゃして色々買ってみようと秋葉原に行ってみる。普通なら職を失いそうだから散財しないというところだが、そうはしないのが俺の馬鹿なところで昔から変わっていない。

 WD6400AAKS が速いらしいというので、ツクモで特価 10,499 円だったので買ってみた。本店 II でシネックスもので 2011 年までの RMA 付き。ここのところ HDD の速度なんてベンチマークとらなければどれも一緒と思っていたが、いざつなぎ替えてみるとやっぱり全く変わらなかった。まあ、テンポラリの容量が増えたのでよしとする。

 裸族のお立ち台 eSATA プラスを持っていたのだが、接続コネクタの方式に問題があって気に入らないので、ツクモの EX-SARC1B を買ってみる。午前中割引券を貰っていたので 1 割引だった。

 で、それを付けるドライブベイに空きがないので、外付けにしようと胡散臭いと思いつつヨドバシのポイントが大量に余っていたので RS-EC5ES を買ってみる。外箱の写真を見ると、SCSI 用の外付けケースか何かを流用してコネクタ部分にめくら板をして、単に eSATA コネクタを付けてあるだけだった。電源も変換ケーブルを使っているだけだし。中身は以下に。なんだこのメチャクチャ手抜きな作りは。これだったら、手間は掛かるが、USB ケースかなんかを自分で加工して作った方が安上がりだ。余ってる IEEE1394 の外付けケースは加工して eSATA ケースにしよう。

 で、EX-SARC1B を入れようとしたらネジの位置が全くあわなくて固定できない。:-) 仕方ないので一度も使っていない DVD ドライブを抜いて(だったら抜いておけよ)、そこのベイに入れ替えた。
 ICH9R を AHCI で動かしているからホットスワップは可能だが、intel 純正ツールでは取り外しがめんどくさい。ということで、HotSwap! を使ってみることにした。問題無く動いているようだ。

 あと、相性問題が出て全く使っていなかったが、いつか使うかも知れないと思いつつほったらかしにしておいた Crusial の DDR2-1GB メモリを、ヤフオクで売ろうと思って出品一覧を見たが他の出品数が多すぎてとても売れそうにないので、ソフマップで売ってみた。
 Web ではメジャーチップは 1200 円買い取りと出ているのに、1000 円買い取りを提示してきたので文句を言ったら、社内の買い取り DB の画面を俺に見せて「1000 円なんですよ」と言い張るので、W-ZERO3 で Web の買い取り画面を見せたら 1200 円になった。まあ 二枚売ったからそれでもたかだか 400 円のアップなんですけどね(実際は 10%UP のチケットがあったから 640 円だが)。相変わらずどこの店員もいい加減だ。

 彼岸には遅れてしまったが、本来の目的である爺さんの墓参りをして帰った。風が強いと言っていたので寒いかと思っていたが、季節はすっかり春で寒いことはなかった。ここのところ体調を崩してはならないと、通勤と通院以外休みの日は外出していなかったので、逆にそういうのが気分的に良くなかったのかもしれない。
 これからは花粉もおさまるし、暖かくなるし、休みの日はカメラ片手に散歩をすることにしよう。ああ、でもそうするとアニメを見る時間がないよ。ああ困った困った。

 そんなわけでファイルサーバーマシンをマザーボードごと交換した。面倒なので OS の再インストールは無し。しかし、今まで Xbox360 や PS3 と DLNA 接続できていたのが出来なくなってしまった。ネットワークの環境には問題無いので、またどこか変なところが原因でダメになっているに違いないと思い検索してみたら原因判明。

 ここに書かれているとおりに DRM 関係のファイルを全部削除したら、元通り繋がるようになった。DRM で管理されたファイルなんか一つも持っていないのに、マザーのユニークなシリアルかなんかをキーにして管理してるって仕組みなのかねぇ?

 ところで、標準では WMP11 の共有では Xbox360 では H264 High@5.1 な mp4 ファイルは再生できないが、ここに書かれている通りに PC の設定を変えてやるとあっけなく再生できるようになる。元々、コンテナが avi でも 拡張子を wmv にすると再生できてしまったり、よくわからない仕様だがこれで H264 High@5.1 エンコした mp4 ファイルがテレビで見られるので非常に便利である。

XEON X3350

3月 29

 3 月出荷の Q9xxx シリーズが自作市場に潤沢に出回るのは 6 月とか言ってるんで、前回はいきおいで X6800 を買ったけど今回は Q9450 と同等の XEON X3350 を買ってみた。

 モノ自体は火曜に届いていたんだけど、平日に組む暇なんてあるか! ということで、今日やっと組み込み作業を実施。X6800 は別マシンに組み込むので、動作確認済みのメモリも余っているし、もう一枚 P5K-E を買って、今回の CPU クーラーは ANDY にして、BS-775 で補強。ただし、普通のドライバだとヒートシンクが邪魔でネジが締められないので、高さ 35mm 以下のドライバかラチェットが必要なので注意。

 OC はするけど、FSB を 400 にするだけでぶん回すわけではないがノースがかなり熱くなる。今までは無視していたけどかなり気になる熱さなので、今回はリテールのヒートシンクの上にファンを付けようかと思っていた。
 しかし、余ってるドラゴンフライをあわせてみると、ちょうど取り付けられるスペースがあるので、ノースのヒートシンクをドラゴンフライに換装。サウスは VGA が上に被るので、こっちもドラゴンフライとか変形タイプのものでないと換装は無理なので、リテールクーラーのままで無視することにした。凝り出したら VRM とかもって話になるし。

 で、とりあえず起動。BIOS は 0906 でとりあえず起動はするが、「知らねー CPU だから BIOS 更新しやがれこの野郎!」てなメッセージが出て OS が起動しないので、最新の 1006 にアップデートしたら問題無く起動。

 定格では問題無いので、FSB を 400 にして、電圧などは全てデフォルトで起動。これも問題無いようなので、早速いつものエンコードをさせてみる。今までの半分の時間になった。:-) まあ、論理値のままだけど嬉しい。

 でも組んじゃうともう楽しみが無くなるんだよな。:-) 買うまでが楽しいのはいつも変わらない。

 昨日あたりからものすごい量の SPAM TB が飛んでくるようになって、朝起きたら 100 件近くも飛んできていてうんざり。
 WP にしてから SPAM が来たことはほとんどなかったので設定は気にしていなかったのだが、管理者の Exass さんに「SPAM すごくない?」と聞くと、「全然来てないよ」とのこと。SPAM フィルタについて聞いてみると、「アカウント取るのが面倒だから設定しないとか言ってたじゃん」とのつれない返事。

 SPAM 対策のプラグインを見ると有効化されていないようだった。しかし、この GUI はちょっとわかりにくい。各プラグインの「有効化」にするためのリンクには「有効化」と書かれているので、早合点してこれが現状のステータスと思ってしまっていた。落ち着いて考えれば現状のステータスを表すならば「有効」って書かれるもんな。

 ということで、WP のアカウントを取得し(全然面倒じゃなかった……)、プラグインを有効化したら SPAM は検知されている様子。全く持って迷惑な話である。

 Exass さんの blog で先行実施して、問題なさそうと言うことなのでこっちも変更してもらった。MT4 になってからコメントがデフォルトで認証制になってるけど、別にこのままで構わんよねぇ? 知り合いしか見てないし。

 ということで、見られなかったら連絡下さい。って見られなければ連絡しようがないだろ! というお約束のオチで締めときます。

 8 月下旬からダイナミックパブリッシングの出力に失敗するようになっていたようで、過去記事が全く見られない状態になっています。

 まあ、過去は振り返らないっつー事で。

continue reading…

 そんなわけで共振対策。PC パーツとして色々売られているようだが、そんな高いものじゃなくていいだろうと言う事で、近所のホームセンターで 0.5mm 厚のゴムシート(184円)を買ってきて加工。
 プラスチック製のマウントパーツと HDD の間に挟んでベイに差し込む。結果は良好。筐体に手を当てないとわからないまでに収まった。これなら問題ない。

 ただ、HDD は金属ケースに密着させて固定するのがベストなのだが、今回のケースを選ぶときはすっかりそれを失念していた。まあ、ファンで冷えているからよしとしよう。

 その 1 から読んでください。

 通販で色々買っていたこともあって、全ての部品が揃った最初の週末という事で組み替え作業に入る。やはり一日潰れた。しかもかなり重いケースなので腰が痛い。疲れた。

 早速重い処理をさせて温度を見てみる。64 ℃前後で安定しているようだ。変更前から約 5 ℃も下がっている事になる。これなら変更した甲斐があったと言うものだ。
 音も鳴らした瞬間から音圧と解像感が全く違ってびっくり。フロントパネル経由でヘッドフォン繋いでも、ハムノイズやホワイトノイズもほとんど聞こえなくて、これはとてもいい感じ。

 しかし、大問題が。今まで無かった共振が発生してケースが唸るようになってしまった。ということで、次は共振対策をしなければ……。

 うちの Core 2 Extreme はお手軽 Over Clock の 3.3GHz で動かしていたんだが、さすがに 2 core 使うようなヘビーな処理をさせると 70 ℃とか行ってしまって、酷いときはOSが落ちるようになってしまった。まあ定格で使えば問題ないのだが、これで引き下がるのもなんだか癪なので、とりあえずたまたま発売日だったと言う事で買って使っていた 峰COOLER Rev.B を交換する事にした。

 今までサイドフローだったので、今度はトップフローにする事にする。色々調べて、結局もう作ってないけどヨドバシにはまだ在庫がある SI-120 にした。

 で、こいつを LGA775 に取り付けるには、別売りのリテンションキット LGA775 RM を付けないといけない。で、これはバックプレートタイプなのでマザーボードを外さないといけない。

 そういえば次に PC 組み直すときはケースを買い換えようと思っていたことを思い出したので、ケースを探す。今使っているのは剛性の高い良ケースなんだけど、さすがに作りが古く、でかいビデオを付けるとスペースがギリギリだったり、他にも付けられるファンが少なかったりと不便だったので。
 で、やっぱり評判が高い P180 系かと思ってスペックを見ると、全面が全部扉になっている。俺は扉は不要なので、まあ扉は取り外すとしても、HDD のマウントが縦方向だった。個人的に HDD は水平以外の方向に取り付ける気はしないので、これは却下。
 そして何気なくオウルテックのページを見ていると、HDD の付け外しがしやすく、ファンも沢山付くケースがあった。扉が付いているけれど、上部だけなのでこれは取り外してしまえば問題ない。ブツは OWL-602D IV。そう言えば今使っているケースもオウルテックで、型番を忘れたんで旧モデルカタログを見るとそれは OWL-602WS だった。なんだ、また 602 シリーズじゃないか。なんたる偶然。

 で、ついでだからサウンドカードも変えようじゃないかと、これも探す。:-) クリエイティブは嫌いなのでスルーして、今使っている CMI8738 チップのサウンドカードが安定していているので、これの後継の CMI8788 チップを使っているものを調べる。Auzentech の Auzen X-Meridian 7.1 がよさげなのでこれに決定。で、OP AMP が交換できるタイプなので、じゃあこれも交換ということで、OPA2604AP も注文。もう当初の予定と全然違っている。:-)

 長いので続く。:-)