Skip to content
 

Nise-Itchatteru Hibi

This is not a diary.

Archive

Category: PC

 備忘録シリーズもデータが飛んでしまっては何の意味も無いな。

 先日、WordPress での作業を依頼され、そこで対処を頼まれたときのこと。また起きたときに忘れるとアレなので、対処法をメモしておく。

 WordPress ダッシュボードに“Notice: has_cap の使用はバージョン 2.0 から非推奨になりました ! 代わりに プラグインやテーマでのユーザーレベルの使用は推奨されていません。代わりに権限グループと権限を使ってください。 を使ってください。”の警告が出る場合がある。
 これは表示される“functions.php”にエラーはない。この警告メッセージを表示している行が原因の行として表示されるから話がややこしくなる。実際は、その原因を持ったプラグインを導入したときに表示されるのだが、複数のプラグインを一気に導入してしまった場合などは原因を追及するのが大変かもしれない。

 で、その原因はプラグインにある。プラグインで“add_options_page()” という関数を使っていて、その 3 番目の引数は role を指定するのだが、これを数字で指定するとこの警告が出る。
 おそらくは“8”になっていると思われるが、プラグインは基本的に administrator しか使わないので、これを“’administrator’”に置き換えてやることによって、この警告を出さなくすることができる。

電源鳴き

4月 6

 先日、PC に不調なパーツが発生したので組み替えて、余ったパーツで静音っぽい PC を組んでみた。その電源がかれこれ 5 年は使ってる SeaSonic の SS-650HT で、コイル鳴きだかなんだかわからないが内部から「ジジジジジ」という音が常になっていた。
 今までの用途ではゲーム用 PC に付けていたので、音楽を鳴らしながら使うことが多く、「ジジジ」音はさほど気にならなかったが、いざ静音っぽいマシンに付けて静かな環境で使うと、これがまたもの凄い気に障る音なのだ。

 どうせ保障も切れているし、ダメ元でバラしてノイズ元を突き止めてホットボンドで固定してみることにした。ホットボンドは持っているんだが、引っ越しのゴタゴタで行方不明になってしまったので、ダイソーで買ってきた。
 バラしてノイズ元を突き止めてみる。おおよその見当は付いたが、ヒートシンクに邪魔されてよくわからない。近くにあるコイルをホットボンドで固定してみたが、ノイズは一向に収まらず。これ以上は半田ごてを使ってパーツを外さないとばらせないレベルなので諦めた。

 結局新しい電源を買うことになったのだった。また余計な出費が……。

 ずーっとバージョンアップを繰り返して使ってきて、挙動がおかしいというのはわかっていたんだが、遂に google cache がエラーで閲覧できなくなってしまったので入れ直した。
 ブックマークとかは引き継げるんだが、プラグインとかは引き継ぐとおかしいままなので全部入れ直さなければならないんだが、これがまた面倒くさい。
 いっぺんに入れないで、その機能が必要になったときに入れるようにすれば気分的に面倒くささが薄れるんだが、殆どが根幹に関わる機能だからそうもいかず。

 技術が進歩しても、こういうバージョンアップの引き継ぎって未だにうまくいかないよねー。まあ中にはちゃんとやる奴もあるんだろうけどさ。OS の移行なんか顕著だよなー。

 数週間前から作業用 PC の調子が悪かったんだが、原稿の締め切りもあって止めるわけにも行かず、騙し騙し使っていた。ひとまず全部の原稿を仕上げたので、原因追及作業を開始。
 ひとまず最近バージョンアップしたアプリなどを古いものに戻したり、再インストールし直したりしたが直らない。となるとメモリがおかしいような挙動なので、memtest86+ を起動したら……。

 起動直後からエラーの嵐でログが真っ赤。実際にmemtestでエラーが出るの初めて見た。:-) と喜んでいる場合じゃない。エラーが発生しているモジュールを突き止め、予備のメモリを装着。これでしばらく動かして問題なければ、完全にメモリが原因となる。
 メモリは永久保障だから無償修理(たぶん)。今度通院のときついでに修理に出してこよう。

 しかし急いでるときに限ってトラブるのはなんでかね-。

 こないだ海月姫のエントリで書いたけど、今普通にあるんだな。Lenovo G シリーズ

ASUS Motherboard Disk Unlocker

 なんでも、非対応 OS や UEFI 非対応のマザーでも 2.2TB 以上の HDD を使うことが出来るとか。3TB の HDD が出始めたけど、実際に買うことになるのはかなり先の話だろうし、使うことはなさそうだけど。それよりこの手の無理矢理認識系は、人柱レポートを見ないと実用するのはおっかない。:-)

WP 3.0

6月 18

 リリースされたようだが、sinple tag の ver.1.8 は Ver.3.0 専用のようなので旧バージョンでは入れないこと。

 問題なかったので、WordPress 2.9.2 にしないままにしておいたんだけど、Exass さんは特に問題ないというのでアップデートしたら動かなくなった。どうも DB の対応バージョン変更に問題があったらしい。

 Daily で DB のバックアップを取って貰っていたので、それに書き戻して事なきを得たが、やはり安定して動いていて致命的なバグなど無ければむやみやたらにいじるものではないということだな。

 でもチャレンジ精神で新しいのにしたくなって失敗しちゃうのは何故なんだろう。

 検索した結果、元々実装されているリレーは OEG の OSA-SH-212DM3 というもの。数ある同等品のなかで端子ピッチが同じものはパナソニック電工の ALA2F12 だった。
 通販サイトでは共立エレショップが値段も安く、定形外郵便にも対応していたのでそこに発注してみた。

 しかし、自分で分解したとき中は埃まみれで、ケンウッドで開けた形跡が一度もなかった。これだけ同じ故障が頻発しているということは当然メーカ側も把握しているわけで、向こうも報告された症状だけ見て、分解もせず基板ごと交換することにして修理代 29,800 円ふんだくろうって算段だったのかなあ。
 変だったのは、ケンウッドから「修理を望まなければ無料で処分する」と言ってきたこと。メーカにも部品が無くて、部品取りで使いたかったんじゃないかって勘ぐっているんだが。

 なんで俺「VH7PC 修理」で検索しなかったんだろう?

 調べてみるとスピーカから音が出なくなるのはよくある故障で、リレーのはんだ付けのクラック、もしくはリレーの故障が原因らしい。
 スピーカ端子をぐりぐりやると音が出るから多分クラックだけでリレーは生きてるっぽいが、分解が非常に面倒なので次開けるときは一緒にリレーも交換してしまいたい。

 リレーは同じものはヤフオクでたまに出品されているようで、検索したら一週間前に出品されていた。タイミング悪し。
 ただ、同等品は色々あるようなので、部品ピッチやら価格やら総合的にいいものを探してみることにするか。