Skip to content
 

Nise-Itchatteru Hibi

This is not a diary.

Archive

Category: PC

 最後の AGP native 記念ということで、ようやく手に入りやすくなりつつあるけど、もう無くなりそうな RADEON X800XT PE を買ってみました。さすがに RADEON 9600XT の時では、FSAA 掛けると重くなってしまう場面でも、こちらはスイスイと動作してくれます。9600XT を買ったときに付いてきた、HL2 のクーポンで HL2 もやってみましたけど、酔ってしまって遊べないので断念。;-) 確かに画面は綺麗なんですけど、FPS はどーも身体に合わないようで。

 ついでに、出たばかりの VF700-Cu に換装してみました。別に標準クーラーで困ることはないんだけど、このへんいじるのが楽しいって事で。負荷を掛けて温度を測定して標準クーラーと比較してみましたけど、標準より一度低かっただけというのは内緒です。もっとも、ファンの回転数が少なくなっている分、音は静かになっている “はず” なんですけどね。”はず” というのは、フロントのファンがうるさいから、静かになったかよくわからないということです。:-)
 本当は、ZAV02 を付けたかったんですけど、うちのケースではこれを付けると HDD ベイにぶつかってしまって付かないんですよ。ま、そんなところで。

RADEON X800 XT PE core
core 近影

装着表側
表側

装着裏側
裏側

 ようやく “変態配列(*1)” ではない、PS/2 インターフェースのフルキーボードが出たので買ってみました。
 元々メカニカル派だったんですが、最近は note な PC に慣れてしまって、ストロークが浅く無駄なく打てるキーボードのほうが、使っていてよさげな感じなんで。メカニカルキーボードも filco とか、値段が張るだけで、キータッチが重いだけのインチキばかりですし。また、最近は上質なメカニカルタイプは手に入りにくくなったというのもありますね。
 自分は PC-9800U のキーボードタッチがいちばん好きで、本体は “国民機” でしたが、キーボードはジャンク屋で新古品を安く仕入れてそれを繋げていました。PS/2 変換して繋ぐという手もあるみたいですけど、さすがにキーの互換性がいまいちですし、そこまではする気にもなりませんし。

 で、買ったのは BTC の 6300C JA ですが、値段が 1,980 円の割にはしっかり出来ていて、使ってみても特に問題はありません。キータッチがもう少し柔らかめで、上部のアプリケーションキーなどがなければもっとよかったんですけど、まあこの値段なら全然問題ないかと。

 *1 エンターキーの右側にキーが配置されていたり、Ins Del のキーなどの位置が標準の位置にないもの。

ぱんたぐらふ

 といってもサーバは同じなんですけどね。暑い中作業をしてくれた Exass 氏に感謝。

 びみょ~に変わった URI は http://phonoscape.homelinux.net/~ida/blog/ です。リンクしている物好きな方はまずいないと思いますが、変更してくださいまし。

USB case

1月 3

 ちょっと前に格安 USB2.0 case が出てたんで、買ってみたんですが格安なだけに電源スイッチがついてないので、ちょっとつけてみました。ちなみに、IEEE1394 も付いているタイプはスイッチが付いているようです。
 鉄板にぐりぐり穴を開けるわけですが、やはり鉄板は加工しづらいですね。ハンドドリルのギアに指を挟んで負傷してしまいました。
 今回は自分の用途上スイッチにしてみましたが、リレーを使えば USB コネクタを差す時に電源同期できるので、本体と電源連動したい場合などはこっちのほうがいいですね。
 ためしに画像を貼ってみるテスト。

database

12月 9

 日記じゃないから毎日書かなくてもいいわけで。

 と言うか、ここしばらく E.S.F 用のデータベースでもいっちょ作ってみるかと作業してたんで、こっちまで手が回らなかったわけですな。
 最初の予定では、一日詰めてやれば出来るだろうぐらいに考えていたんですが、これが全然。あーだこーだで機能追加やバグフィクスを繰り返すうち、結局丸々一週間かかってしまいました。

 いや~、しかし検索機能ってのも奥が深いもので、例外判定とか考え出すとえらい手間が掛かるものと改めて実感できました。ぱぱ、ぐーぐるってやっぱりすごいよ! これでやっとたまったアニメが見られます。:-)

 ”再び”シリーズ第二弾。

 結局レンタルサーバは決め手なのが見つからなくて、inetd でいいかなって感じ。今時のアンテナは、はてなか自前サーバってパターンが多いんだろうか。うちも自前サーバで wdb を走らせて、結果だけ ftp で inetd に転送するという方法にした。つまるところ全部自宅サーバが自由度高くて良いんだけど、セキュリティを考えるとちょっと躊躇するんだよな。

 imasy から移転をもくろんでレンタルサーバ探し。もう忙しくて全然いじってないけど、”えろげーめーかチェッカー(仮)” があるから shell が使えて cron が使えて実行プログラムの制限が無くて…、と移転先は自ずと限られてしまう。
 Exass 氏に inetd を紹介して貰って試しに入会してみたけど、”実行プログラムの動作時間は20秒以内に限られる” っつー制限があって(入る前にわかってれば…)、アンテナはあえなく強制終了。てことでまた新規に探さないとならない。
 アンテナだけ自宅で取得して結果を転送するって方式にするか…。