Skip to content
 

Nise-Itchatteru Hibi

This is not a diary.

Archive

Category: PC

 以前 Twitter の ID を変更して貰うためのアピールをしたとき、ウィジェットにタイムラインを埋め込んでいたが、その後は用済みということで削除していた。しかし、この blog をまったく書かなくなってしまったので、とりあえずの生存確認用ということでまたタイムラインの埋め込みを復活させることにした。

 その際、埋め込みサイズ調整をすべく調べていたんだが、どうもうまくいかない。まあ、めんどくさがらずに公式のコード発行システムを利用すればいいんだが。
 結局、Twitter 側の仕様変更があったみたいで、埋め込みサイズを指定するときは data-width=”320″ data-height=”400″ みたいに指定しないとダメ。検索すると、width=”○○px” height=”○○px” で説明してるサイトしか出てこないんだけど、今はこれでは出来ないので注意が必要。

 ハマったのでメモ。

 Windows10 でプリンターを共有しようとすると「エンドポイント マッパーから使用できるエンドポイントはこれ以上ありません。」とエラーが出て共有できない場合。
 Windows ファイアーウォールが無効になっているとこのエラーが出るので、ファイヤーウォールを有効にしよう。

 別のファイヤーウォールを入れて、Windows ファイヤーウォールは無効にしていたのでこのエラーが出ていた模様。

 android6.0.1(Marshmallow) の Nexus5 に datasim patcher を導入する際のメモ。

1.Bootloader を unlock する。端末は初期化されるので注意。ここを参考にしてバックアップを取るといいかも。

2.ここを参考に TWRP を導入する。参考サイトの「端末に元々入っている標準リカバリを上書きし、TWRPに置き換えてしまう方法」のやり方が楽。TWRP 初回起動時は一番下のバーをスワイプしてフルアクセス(だったかな?)にする。

3.SuperSU をインストールする。ここの「TWRPでのファイルインストール方法」で。

4.ここを参考にして Xposed をインストールして、datasim patcher をインストールする。

5.datasim patcher の設定は patch mode 99 がいいみたい。これで実際に効果が出ている。

 文鎮化しちゃったらここを参考にしてリカバリしてください。
 いろんなサイトのやり方を見ながら試行錯誤して最終的にはこの方法でうまくいきました。

 最近 Firefox で禁則処理がおかしいサイトがあまりに多いので、これは本体のバグだろうと検索したら案の定他にも気付いている人はいるようで。アポラボログ: Firefox 15 の禁則処理を修正
 ということでこれをやれば対処は可能だけど、早いところ本体側で対応して貰いたい問題だ。一応転記しておくと、userContent.css に

*{word-break: normal !important;}

を記述しておけば直る。
 しかし、バージョンの付番法則が変わってから Firefox は迷走している感じだなあ。ブラウザ引っ越しって面倒だからしっかりして欲しい。

 “Twitter の ID を変更した”ではないところがポイント。PC オンチが人に頼んで変えて貰ったわけでもない。

 Twitter の ID は任意に変更できるのは知られているようで知られていないようだが、それは当然変更先が使用されていない場合に限る。私は元々 Twitter にはあまり乗り気ではなく、ID を取る時期が遅かったので“@idacute”は既に使用されていた。そこで仕方なく“@idacute_true”という ID を使用していたが、長くてうざったいとは思っていた。
 先日、ケースによっては変更したい ID が使用されていても変更することが出来ると小耳に挟んだので調べてみた。すると、いくつかの変更成功例が見つかったのでそれを参考に実行してみた。結果は成功。私の場合、使用したい“@idacute”は取得だけされて 3 年近く放置されていたので、運良く変更することが出来たようだ。

 これで気分的にスッキリした。めでたしめでたし。

 Logicool が出している MX-5500 の Bluetooth ドングルは、Bluetooth で受信し内部変換で USB マウス & USB キーボードとして認識させているという情報を見た。つまりドングルはいわゆる Bluetooth 規格ではないワイヤレス送受信機に見えるということでドライバ不要のはず。「だったら XBOX360 でも使えるんじゃね?」って事で早速試してみた。まあ、既出の情報かもしれんけど、備忘録ということで。

■手順

  1. Logicool オンラインストアで補修用部品として売られている RCBT-MX を購入。
  2. テキトウな Bluetooth キーボードを用意。使えればいいので安かった iBUFFALO BSKBB01BK を購入。
  3. BCBT-MX を XBOX360 に取り付け、XBOX360 の電源を入れる。
  4. キーボードの connect スイッチを押した後、BCBT-MX のコネクトスイッチを押して、キーボードから“0000”を入力する。
  5. ペアリング完了。あとは普通にキーボードとして利用可能。

 実は XBOX360 で試す前に同じ事を PC 接続でおこなったんだが、BCBT-MX の connect ボタンを押したときの PIN コードは“0000”のようなので、いきなり XBOX360 に付けてもいけるはず。ちなみに私は Logicool のマウスを利用して Logicool のアップデータが入っているので、BCBT-MX を PC に接続したらファームウェアアップデートのお知らせが出たから、PC がある人はアップデートした方がいいかも。

 随分前に Twitter を利用したちょっとした仕掛けをするスクリプトを組んでいたんだが、ユーザーにログインさせなければいけなくて、それだけのためにアプリ登録を行っていた。

 しかし、つい最近 Web Intents なんてのが出来て、簡単なことをするだけならアプリ登録をする必要が無くなった。早く作っておいてよね! ま、OAuth とかアプリ登録の勉強になったからいいんですけど。

 Wwood さんから文字が大きい方が見やすいという意見があって、自分でもそう思っていたので。TwentyTEN は最初からでかいんだけどね~。

 少し前に、自分が運営している Eternal Sound Fuctory(以下 E.S.F) というサイトの構成について書いた。今回、ようやくこのサイトのトップページを WordPress で管理するように変更したので、管理者という立場でなくいち個人としての立場でその辺のことを書いてみたいと思う。

 さて、この E.S.F だが、実はデザイン兼更新担当者がいなくなって早 5 年くらいになる。それからは当然だが自分が更新作業をしていた。
 このサイトをデザインした当時は、今のように blog エンジンなどを使ってサイトを構築することは主流になっておらず、静的 html を作成してサイトを構築するのが主流だったと思う。もちろん、このサイトもその構成で、ついこの間まですべての更新をテキストエディタで行っていた。古い記事は過去ログページへの移動など、殆ど全てが、である。ひどい例を挙げると、サイドメニューも全て静的なため、リストに掲載する CD などが増えると、全ての個別ページのサイドメニューに新コンテンツへのリンクを追加作業を手動で行うといったような、非常に面倒なことをしていた。勿論、当初はコンテンツがここまで増えることを想定していなかったというのもあるが、あまりにバカげた作業なので、その部分だけは後に場当たり的に php で細工をして動的作成にしていたが。
 例外は曲リストのページ。これも当初は静的更新だったが、数が増えるうちに静的更新ではあまりに作業が大変なうえ、検索やフィルタリングなども出来ず使い勝手も悪かったことから、この部分だけは随分前から独自に CGI を組んで動的作成の形を取っていた。

 そして、時代も変わり、非 blog な一般サイトも WordPress(以下 WP) などのエンジンを使って作成されるようになってきて、更新作業が面倒だし、うちも WP で管理するようにするかと思ったのがこれまた数年前。
 で、なんで今まで行わなかったのかというと、レイアウトなどの構成で悩んだという面もあったが、実際のところは自身の IVE 熱も冷めつつあって、更新頻度も下がってきたし、今更システム更新することもないか、と延ばし延ばしになっていたのが実情。

 じゃあなんで、このタイミングで? ということになるが、最近 WP をいじる機会が多く、ちょっとした改造ならすぐにできる自信があったということが大きい。改造のクセとか構文とか忘れる前にやっといた方がいいってのがあるからね。
 これは自分の悪いところなのだが、作業を始めるまでが滅茶苦茶おっくうだけど、いざ作業を始めるとあとはスイスイと作業は進んだ。懸念していた News、Release カテゴリの分離や、そのリスト表示などはスケジュールプラグインのちょっとした改造と流用で思っていたよりうまくまとまった。

 過去のコンテンツの移行も考えたが、さすがに分量も多くレンタルサーバの契約プランの関係から、MySQL に割ける容量が極端に少ないので、下手に移行しないでおいたほうがいいということで、そのまま見て貰うことにした。あとはリストの更新が止まっているが、これはもう注釈付けて更新を停止しようかと思っている。他の詳しいサイト見てください、てな感じで。:-)
 実際、サイト自体を閉鎖してもいいんじゃないかというレベルに来ているのかも知れない。しかし、自分自身にサイトを続ける気力ぐらいは充分残っているし、なにより EUROBEAT や TRANCE 関係のリストは多分世界でもうちだけなので、これを消すわけにもいかないなということもあった。

 まあ、そんなこんなでサイト立ち上げ当時のポリシーである「媚びないアウトローファンサイト」(違ったかも? まあいいか:-))は今後も変わることなく、淡々と更新されていくことになると思う。

 RADEON ユーザーにはお馴染みの「カスタマーイズ」。最近は直ったとか。

 というわけでざっくりテーマをカスタマイズ、といっても邪魔なの消したり、サイドバーを以前の状態っぽくしてみたりとかだけど。このテーマ、デフォルトではヘッダ部分にカテゴリーと固定ページへのリンクが設置されていて、見づらかったのでざっくり削除。あと、サイドバーにはカテゴリ一覧とメタデータが仕込まれていて、これもウィジェットで自分の好きな位置に配置すればいいだけなので削除。こんなところかな。
 あと、最近のエントリーのタイトル一覧って必要かね? 自分は他の人の blog とかみてもその項目見ないんで、要らないと思って今回は付けなかったんだけど。みんな見てるのかな?