Skip to content
 

Nise-Itchatteru Hibi

This is not a diary.

Archive

Category: music

 “初心忘るべからず”という言葉があるけれど、時が経って、慣れてくると気付かないうちに初心を忘れがちになってしまう。だから、“自分が追い求めていたモノは何だったんだろう?”と思い直すことは必要なことなんだと思う。もちろんこのことは自戒の念を込めて。

 さて、『The Front Line Covers』の話。やっぱり初期の曲は誰が何と言おうといい。この頃の曲を聴きまくって I’ve を今まで追っかけてきたんだからなおさらのことだ。このセルフリミックスアルバムはクリエイターの面々も“あの頃の気持ちに戻って”リミックスしたんだと思う。もちろん自分にも言えることだけど、完全に昔の自分に戻る事なんてできないし、機材なども違っているから音は“今の音”になっているけれど、気概は曲を通して伝わってきた。
 それと、『The Front Line Covers』の各曲の編曲者を見ると、全てではないにしろ曲が出来たいきさつが感じられて面白い。気になった曲だけ感想を含めて書いておきたい。

 「RIDE」。原曲からして、普段とは違う音源のドラムセットを使って作られていた。イントロのギターなど、高瀬氏が当時やり残したことも含めてのリミックスなのだろうか。
 「季節の雫」。今でこそ作編曲の第一線で活躍するクリエイターだが、当時は中沢氏は編曲者としては活動していなかった。その中沢氏がアレンジする『季節の雫』を聞けるということは感慨深い。
 「Days of promise」。中沢氏がI’ve での編曲を担当したいちばん最初の曲。この曲の歌詞は C.G mix 氏と縁が深い SAYUMI 氏が書いているので、その繋がりで見ると面白い。
 「Birthday eve」。浅倉大介風の曲で作って欲しいと依頼されたものの、高瀬氏は浅倉大介氏の曲を知らなかったため、その方面に詳しい C.G mix に根ほり葉ほり聞いて出来たのがオリジナル。そんな C.G mix 氏のアドバイス無しにはなし得なかった曲を C.G mix 氏が自らアレンジしているところが聴きどころ。
 「I will…」。中沢氏の I’ve での最初に書かれた曲。当時からやさしく穏やかな感じが感じ取れる。今回の編曲は C.G mix 氏が担当。
 「Two face」。唯一の中沢氏が作詞に参加している曲。当時からカッコイイ曲だったけど、尾崎氏のギターも加わって間奏のボイスも新しくなって今を感じさせつつもあの頃を思い出すアレンジ。
 「One small day」。当時は当たり前だった、ボーカル以外は全て高瀬氏が担当している曲。この曲は折戸氏も気に入っていると当時の雑誌インタビューで述べていた。高瀬氏らしい優しさに満ちあふれた曲。
 「Belvedia」。オリジナル発表時から高瀬氏が雑誌などのコメントで「お気に入りの一曲」と発言していて、当時同時発表していたユーロビートコンピ『EURO 3』にも「TONIGHT」の曲名で使われていた。Remix が同時発表されているが、今回も高瀬氏が編曲を担当しており、この曲はゆずれないという氏の思いが伝わってくる。
 「Dream to new world」。力強くい歌詞に、当時のユーロビートのノリが生きている曲。これを中沢氏が、新たに Rap を加えてアレンジ。今こうして再びこんなアレンジに巡り会えるとは思わなかった。

 総じて言えることは、自分は高瀬氏のキャッチーなメロディーに自分の好きな曲調、そしてなにより希望に満ちあふれる力強く、そして優しさに満ちあふれる点に惹かれてファンになったのが原点。そこから色々な輪が広まって今こうして自分がここにいる。
 自分たちが忘れていたもの、それをもう一度思い出してこれからも活動して欲しい。偉そうなこと言ってゴメンナサイ。

 年明け一発目は堀江美都子デビュー 40 周年ライブ。堀江美都子も未だにいい声してるなあ。さて、あと 30 分弱。今年はどうやって無理矢理 200 曲達成させるんだろう。:-)

 「鳥の詩」で Lia 生ゲスト出演に吹いた。3 年連続で掛かってるのかよ。ああ、やっぱこの頃のアレンジは最高だ。第 1 回の時はスタッフが音源探すに苦労したそうだ。:-)

 『今日は一日“アニソン”三味』 番組レポート(12) NHK-FM BLOG

 何も大晦日にやらんでも。最初から聞かなかったけど 1 曲目がいきなり『ストパン』OP だったそうで、NHK は相変わらずオタに対して挑戦的だよな。:-)

 そんな感じでだらだらと聞きながら文章書いたりしてるけど、NHK のページに「本日ついにファイナル!?」とか書いてあるから、またやるんだろうな。しかしこれが 24:30 まで続くんだから、まじめに聞いたら聞く方も疲れるよな。

 しかしいきなり電話ゲストでゴトゥーザ様が出たのには吹いた。

 2 日目は Phonoscape Factory でサークル参加。さすがに 4 ヶ月では新作は無理ということで、Strings of Heart をメインに頒布。夏はジャンル違いだったからあまり試聴してくれる人がいなかったけど、今回は同人音楽ジャンルと言うことで、結構試聴してくれる人が多かった。ジャンルの差ってこれだけあるのだなあと実感した次第。

 朝に隣のサークルさんに挨拶したときに、「うちは呼び込みが騒がしいんでうるさかったら言ってください。でもお隣のサークルも一緒に宣伝するんで、みんな幸せになれたら」みたいに言っていたけど、特に大声も出すこともなく積極的に声を掛けて呼び込みをするという感じだったから、特に迷惑になることもなかった。Phonoscape も一緒に「女性ボーカルのエレクトロポップです」なんて宣伝してくれてたから、逆に悪い感じがしたな。相変わらずの体調不良で半分死んでたし。でも、こういうのがあるからイベントは楽しいんだよな。

 ところで Exass さんもタフでノリノリで呼び込みしてたけど、タフだ、この人は。

 Exass さんがぽつりと「ベガルタの監督って高瀬さんに似てるよな」と言ったので、ベガルタ仙台のページを見てみた。

 TOPチームスタッフ 手倉森誠監督。

 うーむ、確かに痩せる前の高瀬さんに似ている。これで眼鏡掛けたらもっとそっくりになるんじゃないだろうか。だからなんだと言われればそれまでだが。:-)

HYDIAN WAY

11月 15

 武道館公式に CD 詳細出てましたね。サイトチェッカー告知メールが 500 超えると見る気がしなくて気付かなかった。

 なるほど。ゲストとのマッチングを意識したミックス、しかもインスト。いわゆる“オタク系ゲストではないよ”と言う高瀬氏からのメッセージと捉えて良さそうですね。
 基本的にインスト好きな自分。ミックスこそ今の高瀬氏になっているけれど、古くて新しい何かを予感を感じさせる曲調です。久々にローテーションに入るかな、これは。

 当時もこの抽選制度があればねえ。当選者に対しての割り当てがどうなるかは知らないけど、前回みたいな偏った割り当てじゃ批判を浴びせられて当然だし。ブラックボックスにしておいた方がアニメイトも批判を避けやすいだろう。

 ところで今回は開催日がアレだけど、転売屋はがっつり狙ってくるだろうし、簡単には当選しないだろうけど前回ほどではないかなって思ってた。
 それでもテキトウに掲示板とか見ると結構な落選報告があるようで、先行販売分の割り当てがいくつだったのだろうか気になってくるところ。

 こうなると 15 日のゲーマーズが阿鼻叫喚になることは間違いなしで、ま、これも先着順じゃないからとりあえず現地にいって後は運なんだろうけどね。7 時までに来いってのは人が少ないうちに済ませてしまおうって事なんだろう。ただでさえゲマズは駅前でライヴやったりして迷惑だからな。

 しかし……、アニメイト先行付属 CD はどんな内容なんだろうとか、v-tube の動画配信はまだっすか、とかコミケの CD は制作大丈夫ですか、とか俺が心配してもしょうがないんだけど。
 ……って既に発表になってたりしたら笑うに笑えないな。オマエ本当にファンサイト運営者かよって突っ込まれても何も返せませんがな。体調悪いとか忙しいってのはいいわけに過ぎないしね。

 で、俺の当落はどうかというと当選しました。マリみてイベントも一部二部と両方当たったし、アニメイトの抽選運はいいのかもね。

 ここだけの話、I’ve の歌い手さんでいちばん好きな MELL さんのライブに行ってきました。出社日だったので早引けして。結果、久しぶりにとても楽しいライブでした。サイリウムは禁止令が出ているのか知らないけど、一本も見あたらず大人の雰囲気でよかったです。
 MELL さんは I’ve の楽しいことも辛いことも知っているんで、MC は音楽へ対するアツい情熱を語ってくれるし、お客さんへのメッセージもぬくもりがあるし、MELL さんは女王様っぽいイメージ作りで“MELL様”なんて言われているけど、今までのインタビューや、各方面のお話を聞いていたとおり、本当に腰の低いまじめな方なんだなあと改めて実感しました。

 残念ながら「美しく生きたい」は歌ってくれなかったけれど、ラストの挨拶の BGM にこれが流れて、お客さんがみんなで合唱するというシチュエーションには泣けました。MELL さんには自分の信じた道をこれからも突き進んで欲しい。そう思いました。

 ところで、SHIBUYA-AX って運営母体が日テレと電通なのね。納得。

明治神宮大祭
 写真は明治神宮の提灯が綺麗だったので一枚。

 最近店に行くのが面倒なので、CD とか本はみんな通販で買ってるんだけど。

 amazon で『PSI-missing』をたまたま Edy 支払いで予約していたら、何かのキャンペーンか知らないが、勝手にクーポン使用で値引きされて総額 1,455 円になっていた。
 ご存じの通り amazon は 1500 円以上だと送料無料なので、これだと送料が発生してしまう。勝手に値引きしてんじゃねーよって感じだ。

 いつもはクレカだから、クレカだったら勝手に発送されているところだった。今回は支払わずにキャンセルさせよう。これから微妙な金額の時は Edy 支払いにしておいた方が良さそうだ。