Skip to content
 

Nise-Itchatteru Hibi

This is not a diary.

Archive

Category: misc

 3 月いっぱいで労働契約が切れるので、現在の健康保険の任意継続と国民健康保険に加入するのでどっちが安いか区役所の窓口に聞きに行った。

 窓口で身分証明書とか提示を求められると思っていたのに、氏名と生年月日を告げるだけで予測保険料を教えてくれた。セキュリティ的にどうなのよと思ったけど、まあいいか。
 比較すると任意継続より国民健康保険に加入した方が 4000 円ほど安いことがわかる。しかし、月々 1 万円以上取られるのは無職の身にとってはかなり痛い。これの他に市民税、県民税も徴収されるし、国民年金も払わないといけないし。

 しかし自分に合う仕事が仕事全くないな。かといってこのままのたれ死ぬわけにも行かないし。どーにかならんのかね、この自他共に閉塞した状況は。

 道ばたに野良とおぼしき猫がいた。珍しく近寄っても逃げないので手を出したら、お手をするような感じで「にゃ~ん」と鳴きながら手を出してきた。

 その手には思いっきり爪が出ていて指が切れてしまった。これが猫かぶりというものか! 猫にも嫌われるとはここんとこホントついてないな。

 川重製の京急 N1000 形の甲種輸送があるので、写真を撮りに行ってきた。今回は、っていつもだけど、ろくな写真が撮れなかったので写真は載せない。実際風邪気味であまり気乗りがしていないと、それが写真にも影響するようだ。
 前回より撮り鉄が少なかったのは 2 回目だし、冬で天候もいまいちだったからか。実際曇ってて寒かったし。

 さて、その途中に寒さしのぎと時間つぶしのために某市立図書館に寄って、ロビーの張り紙なんかを眺めていた。その中に最近報道などでよく見る、自治体による非正規雇用のいわゆる“派遣切り”された人などへの救済雇用の告知が張り出されていた。
 概要を書くと、募集期間は今週一週間のみ(短い……)。雇用期間は 2 月上旬から 3 月末日まで(これも短い……)。仕事内容は図書館業務の手伝い(これは別にいいとして)。その後は職業訓練所などの紹介など、就職先の斡旋をおこなう。等々。

 ここまではいいとして、問題は募集人数。「採用人数: 1 名」。なんかすげー意味無いような気がするのは自分だけ? もっとも元々人は足りてるから、「非正規切りの救済をやってますよ」っていうアピールなんだろうけど。
 根本的に国が対策しないといけないのに、国会は迫る総選挙のための政党間争いしてるだけだしねぇ……。いったい何のための国会なんだか。やっぱりこの国に未来はないな。

 島忠へ行ったついでに、ここなら売ってるだろうと思って探したが売ってないので店員に聞いてみた。
 「なんですかそれ? 今工具専門の担当者を呼びますのでお待ちください」だって。まあ、マイナーな工具だからオバちゃん店員なら知らないのは無理ないか。
 んで、工具専門の担当者に聞くと同じ答えが返ってきた。「どういう工具なんですか、それは?」。なんだ、こいつも知らないのか。握ってアルミの板などを少しずつ切断する工具だ、と説明すると「あ、ではこちらになりますね」と案内された売り場はリベッターの売り場だった。確かに握るのはあってるが……。切断しないだろそもそも。

 通販かアキバ行ったときに買うしかないのかねぇ。ちなみに知らない人のために、ハンドニブラーはこんなシロモノ

 横浜市三千分一地形図 (横浜市公式サイト内)

 2 ちゃんねるの京急スレを眺めていたら、横浜市のサイトで昔の横浜市の地図を公開している事を知ったので見てみた。古地図は面白くて、眺めていると時間の経つのを忘れてしまう。オフクロもずっと横浜に住んでいるので、見せたら喜んで昔話をしてた。

 何か自分も歳を取ったものだと思ってしまった。

 ラストは「だんご大家族」だった。NHKは本当にオタクに対しては隙がないな。:-) 無理矢理 200 曲よりこの方が落ち着いていいと思う。

 さすがに疲れたな。風呂入って寝るとするかな。

 2 日目は Phonoscape Factory でサークル参加。さすがに 4 ヶ月では新作は無理ということで、Strings of Heart をメインに頒布。夏はジャンル違いだったからあまり試聴してくれる人がいなかったけど、今回は同人音楽ジャンルと言うことで、結構試聴してくれる人が多かった。ジャンルの差ってこれだけあるのだなあと実感した次第。

 朝に隣のサークルさんに挨拶したときに、「うちは呼び込みが騒がしいんでうるさかったら言ってください。でもお隣のサークルも一緒に宣伝するんで、みんな幸せになれたら」みたいに言っていたけど、特に大声も出すこともなく積極的に声を掛けて呼び込みをするという感じだったから、特に迷惑になることもなかった。Phonoscape も一緒に「女性ボーカルのエレクトロポップです」なんて宣伝してくれてたから、逆に悪い感じがしたな。相変わらずの体調不良で半分死んでたし。でも、こういうのがあるからイベントは楽しいんだよな。

 ところで Exass さんもタフでノリノリで呼び込みしてたけど、タフだ、この人は。

車強奪の容疑で私大1年逮捕 コミケに行きたくてと供述 (47news)

 バカを通り越してるな。これでまた格好のオタ叩きネタが出来ましたねマスゴミさん。

 ゆうパックの集荷は伝票にフリーダイヤルの番号が書いてあるが、そこに集荷を申し込むと地元の担当局の電話番号を教えられて結局またかけ直すことになる。それは当然フリーダイヤルではない。まあそれはいいとして。

 送る荷物があるので集荷依頼の電話をした。1~2 時間の間で集荷に来るという。そして、その電話を切った直後に郵便局から折り返しの電話があった。担当者が言うには「1~2 時間では集荷できないので、具体的な時間は示せないがかなり遅い時間になります」。
 かなり遅い時間なのならば、最初の話通り 2 時間程度待っていても仕方がない。ならば近所で買い物を済ませようと、20 分ほど家を空けた。帰ってくると留守電が入っている。内容は「集荷に来ましたが、不在のようなのでまた局に電話してください」。

 どこがかなり遅い時間なんだよ、ふざけんなと思いつつ仕方なくまた局に電話。「そっちから折り返しの電話で『かなり遅い時間』といいつつすぐ集荷に来るのはどういう事だ」と、どうせ言っても無駄と思いつつ一応苦情を伝え再集荷の手配をするというので電話を切った。
 そしてまた直後に折り返しの電話。「すいません、今日はもう集荷に行けないので明日の午前中になります」。

 いい加減にしろよ。実は以前にも同じような事があって、相変わらず体質は変わっていないらしい。民営化で配達記録の廃止とか、小為替の手数料の適正化を図るとか言ってるんなら、こういう面もしっかりしろよ。
 でも、そうしたら集荷時間を確実にするために配達料金を値上げしますとかやりそうだな。

 「必殺仕事人 2009」が始まるから、その番宣のため一週間だけ「暴れん坊将軍 8」を中断してダイジェスト放送していたみたい。まあ、確かに俺もこれを見て「必殺 2009」をやるのを知ったから、効果はあるのかもしれんけど、『必殺 2007』があの出来だったしなぁ。一応何回かは見るつもりだけど。

 番宣として出来の悪い『必殺仕事人Ⅴ』が選ばれたのも、出来のいいシリーズを流したら『必殺 2009』が更に見劣りしちゃうからというのがファンの見解のようだ。
 しかし今回の再放送、エンディング省略はひどすぎる……。

 ところで昨日の「りつ、減量する」は悪役ゲストに森次晃嗣に高峰圭二と、ウルトラシリーズの主役が同時に二人出るある意味貴重な回だった。森次さんは個性があるから一発でわかるんだけど、高峰さんは地味だからいつもエンディングで始めて気付くんだよね……。

 ついでに今日から tvk では『必殺仕事人Ⅲ』が再放送開始。このシリーズは前回再放送時に全話保存してあるからいいや。それより『必殺仕事人Ⅴ 激闘編』をやってくれないかなぁ。