Skip to content
 

Nise-Itchatteru Hibi

This is not a diary.

Archive

Category: game

 とりあえず店頭デモで壊れまくってる箱○どうにかした方がいいと思うよ。何回目だろう、遭遇したの。


E74 エラーで昇天中の箱○

 なんかネガキャンやってるみたいだな。:-) 自分は箱好きですよ~。

 8/29 に行われた CAVE 座談会のレポを見つけた分だけ書いておく私的メモ。

 http://sinmoon.blog.shinobi.jp/Entry/159/
 http://blog.goo.ne.jp/krakilin/e/6ef501691e06bbef329971a665ada863
 http://wolf250.blog52.fc2.com/blog-entry-1180.html
 http://hmd.blog.ocn.ne.jp/_summyhouse/2009/09/evac_d62a.html

 ドリクラ率高し。

米マイクロソフト、ハイエンドの「Xbox360」を299.99ドルに値下げ (ロイター)

 ちょっと前から噂に出てたエリートの値下げがいきなり明日から実施されるそうで。いきなり明日からってのは新 PS3 への牽制って意味合いも強そうだ。
 新規に出荷されるエリートはケーブルとかがコンポジットにグレードダウンしていたりするみたいだから、今の在庫を買った方が得になりそう。ただ、新エリートは Jasper になってる可能性が高いけど。

追記。MS 公式では US only になってるんで、ロイターのは飛ばしかな。まあどのみち値下げされることには違いないんだろうけど。

 一応記事にしておこう。

 自分にとって、ゲーセンでやりまくって、今までプレイしたゲームで好きなゲームを挙げろと言われたら真っ先に出てくる、基板を持っているくらい好きなゲーム。

 で、先日箱○の XBLA で出たので、クソ移植とわかっていつつも怖いもの見たさでつい買ってしまった。いや、予想の斜め上をいくクソっぷりで、ここまで全くの別ゲームにしてしまうのはある意味すごいと思った。
 移植版は FC、MSX2、X68k などとプレイしてきたが、今更完全移植などはまったく期待していない。だけど、移植した奴は元のゲームを一度でもやったことあるのか? と思ってしまうようなひどさ。

 まさに“原作レイプ”という言葉がふさわしい。これから『レイストーム HD』とかも出るみたいだけど、頼むから斜め上のアレンジ(?)を施した移植だけはやめてくれ。

 やっぱ石毛佐和は歌がうまい。

 と、それはおいといて、この「横浜ラプソディー」の歌詞書いたのは地元の奴なんだろうか。まあ、紅葉坂とかはそこそこ有名だからいいとしても、“浅間下からタワー目指した”とかちょっと遠すぎやしないか? それにそもそも浅間下とか地名がマイナーすぎるだろ。:-)

 あと、「ハマボウル」は確かになくなったけど、改装して「ハマボール」として健在してますから! 



 8 月に入ってから箱○のダッシュボードがアップデートされるそうで、それの先行体験を募集していたので応募していた。
 昨日からその当選通知が開始されたの事で、当選者にはメールで通知となっていたから、てっきりメールが来てからアップデートされるものだと思っていたんだが。

 今日、箱○を起動したらいきなりシステムのアップデートの画面が出たのでビックリした。まだメール来てないってのに。

 とりあえずアップデートして再起動。……画面が映らない。一旦電源を切って再度投入。映った。だが HDD が認識されていない。これは罠アップデートだったのか!
 念のため HDD ユニットを一旦外して付け直して再度電源投入。HDD 認識で正常起動。取りあえず一安心。

 今回は NXE のような大幅アップデートではないので、見た目は殆ど変わっていないが、実績一覧の画面デザインが変わって見やすくなった。
 実績全解除のゲーム数や、全実績が分母で、解除済み実績が分子で表示されたりと、実績厨の人には嬉しいアップデートかもしれない。
 あとは各ゲームのユーザ評価が出来るようになり、それを総合評価として表示できるようになったから、各ゲーム所持者の評価が見られるといった点などは面白いかな。

 あ、アバター関連は興味ないです。米国開発だからかわいくないんだよね、アバター。日本市場向けにオタアバターを作って、それ用のアクセとか売り出せばけっこう売れると思うんだけどねぇ。:-)

300 in 1

7月 18

 なにげなーくゲーセンに寄ると、変なゲームが。インストには 300 種類のゲームが入ってますみたいな説明がある。
 よく見ると、メニューボタンがあってそれを押すとプレイ可能なゲームリストが出るので、それを選択してから金を入れてくれとのこと。でもってメニューボタンを押すと、メーカ問わずのオールドゲームてんこ盛りのゲームリスト。

 どうみてもエミュです。本当に(以下略)。

 つかこれ通報されたら一発でアウトじゃねーの? ただでさえゲーセン少ないんだから下手なことやって潰れて欲しくないんだけど。
 おまけ。コンパネはごく普通の 8 方向レバーにボタン 6 つというオーソドックスなものだが、ゲームリストには『キャメルトライ』とかレバーでどうやって遊ぶんだよ! と思わず突っ込みをしたくなるものが多数あった。:-)

 アケ版で全然人気が無くて置いている店も殆ど無いって話なんで、箱○でプレイするのが最初なのかなぁとか思ってたんだけど、こないだふと寄ったゲーセンに置いてあってびっくりした。
 とりあえずプレイしたけど、確かにこれじゃウケなくてもしょうがないかなぁって感じ。簡単でわかりやすい爽快感とか無いし。シューティングが全盛の頃だったら殆ど見向きもされてないだろうって作品。

 しかし、このゲームの BGM は 1990 年前後にゲームミュージックにハマった世代には直撃の FM + PCM の正統“アーケードゲームミュージック”なのだ。公式サイトのサウンド解説にもある通り、まさにナムコのシステム 2 の音源まんまでしかも曲自体の出来が非常に素晴らしい。
 そんなわけで、この曲でゲームが出来るならゲームの出来は多少は目をつぶろうということで購入に踏み切ったわけだが、アーケードのファーストインプレッション通りおもしろくない。:-) 付属の攻略 DVD を見ている限りでも同じ事の繰り返しで見ていて眠くなってしまった。

 ちなみに箱○版はアレンジ版 BGM も選択できるのだが、原曲を殺さずにアレンジされていてこれも素晴らしい。サウンドモードの追加かアレンジ版サントラの発売も望む。
 もうひとつ、限定版にはゲーム内のアレンジ版とは別のアレンジ CD が添付しているのだが、これもまた 30 代後半のゲーマー直撃のアレンジ。並木氏は PSG~OPM の流れでのアレンジだし、安井氏本人は PC Engine の内蔵音源風味アレンジでもう最高。

 というわけで、これでゲームがもっとわかりやすくて面白かったらよかったのになぁ、なんて思うのでした。最後に、やっぱり FM 音源最高!!

 

 てなわけで箱○版の『デススマイルズ』をやったら結構面白くて、なかでもキャスパーがお気に入りでメインに使っているところに、HOBBYJAPAN でフィギュアが誌上通販されるとの情報を知ったのが先月のこと。製品情報
 完成品ではないが、カラーレジンで塗装も殆ど必要なく「初心者でも簡単に作れます」との売り文句から少し考えたあげく注文。何しろ自分は小学校の頃にガンプラを作って以来、この手の製作経験は全くない。
 ただ、細かいモノを作るのは好きだし、電子工作はたまにやっていたから(それでもここ何年かはやってないか)、何とかなるだろう、と。

 そしてちまちま製作すること一ヶ月ちょっと。ようやく完成。いやしかしカラーレジンといい、各パーツの組み合わせの精度といい、とてもよくできているので初心者の自分でも簡単に作ることが出来た。なにより、もの作りというのは本当に楽しい。
 しかし今はペン型の塗料もあるし、Web でフィギュア製作講座などを調べることが出来るし便利になったものである。そりゃ 30 年近く前と今を比べたら当たり前っちゃ当たり前だが。

 しかしアレだね、いちから塗装するガレキも練習して頑張れば作れるじゃないかって気にさせてくれるね。というか、造っている工程が楽しいし、本格的にやってみたくなった。

 他にうまい人が細部の写真とか載せてるだろうし、下手くそな自分の出来を載せてもしょうがないので、写真は 2 点だけにしておこう。


Casper(11) その 1
Casper(11) その 2


壊れたデモ用箱○

 ふらりと立ち寄ったゲーム屋のデモ用箱○。モニタが死んでるんだか本体が死んでるんだか知らないけど、こないだのヨドバシから察するに RRoD で本体が死んでるんだろうなあ。
 MS はこういう事気にしないのかねぇ。それともたまたま壊れたばかりだったのか、店が連絡せず放置プレイなのか。ユーザに対するイメージとか気にしないのはやはりアメリカ企業だからなのか。:-)

 しかしただでさえ爆熱なのに、縦置きで狭っ苦しいカプセルの中に入れちゃあ自分で首絞めてるようなもんだけど。デモ機のディスプレイ方法を再考した方がいい。