Skip to content
 

Nise-Itchatteru Hibi

This is not a diary.

Archive

Category: Formula 1

 まだいろいろ事態は動いているようですが。

 とりあえずミシュランの公式コメントですが、以下引用。

ミシュランはアメリカ・グランプリにおいて安全を重視

 
ミシュランは本日(米国現地時間:2005年6月19日)のインディアナポリスにおけるアメリカ・グランプリの展開を、観客、ドライバー、チームのために非常に残念に思います。

フリー走行と予選で使用したタイヤが、今週末のレースコンディションで使用するのに適切でなかったことは遺憾に思いますが、ミシュランはドライバーの安全を常に優先します。
コンペティション用にせよ他の用途にせよ、ことタイヤに関するかぎり、私たちはこの点についてスタンスを変えるつもりはありません。

私たちがパートナーチームと合意した上でレース前に行った提案が、採用されなかったのは残念です。提案の通りになれば、私たちはドライバーの安全を保証でき、チームはレースに参加可能で、観客にも新たな楽しみを提供できたはずです。
ミシュランは、パートナーの7チームの緊密な協力に感謝をしたいと思っています。パートナーチームは揃ってFIAに提案を行い、また安全問題での私たちの助言を尊重してくれました。

金曜日のフリー走行中にトヨタに起きた、タイヤに関係する事故の技術的原因については、ミシュランは調査を継続します。

 引用終わり。

 問題はミシュラン(以下Mi)が 2 セットともヘタレなタイヤを持ち込んだことが原因なのだ。しかし、プレスリリースには、自分たちが提案したという “身勝手な提案” の内容も載ってないし、そして、自分たちの責任なのに “安全第一” と言えば世間の目はごまかせるだろうという点。最低だ。”パートナーチームの綿密な強力” だって、Mi の圧力に従わざるを得なかっただけだろ。

 別に俺だってクラッシュして、怪我人が出るなんていうのは見たくない。FIA の言うように、安全なセッティングにしてレースに参加すればよかったんだよ。最終コーナーが危険なら、フリー走行でやったように、全週ピットロードを通過すればよかったじゃないか。ま、それでもタイヤが原因のリタイヤが続出することが考えられるし、そんなことしたら全世界に Mi の恥を晒すワケになるからレースをボイコットしたんだろうけどな。
 とにかくただでさえ F1 は崩壊の方向に向かっているというのに、こんな馬鹿げたことをやっているようでは、本当に F1 はなくなるだろうね。

 とりあえず 10 年ほど F1 を見てきて最低の馬鹿げたレースだった。Ferrari が今季初優勝だって嬉しくも何ともないわ。

 非常に残念な結果に終わりました。観客はブチ切れでしょう。とりあえず寝ます。続きは起きてから。

Live Timing

 きな臭くなってまいりました。

 BAR 自体は別に好きではないんですが、こうなってしまうと唯一の日本人ドライバーである佐藤選手が出られなくなってしまうわけで、日本での F1 人気が更に下がっちゃうなーなんて思うわけでして。一応今年はトヨタが好調なようですが、トヨタの人気はいまいちですし。

 この調子だと F1 無くなるのは近い将来のことになりそうですなあ。

 F1 見始めた頃では考えられないですね。Ferrari が 6 連覇なんて。

 レース前にいくら今年の Ferrari といえども、ハンガリーはキビシイだろうなんて言われてましたけど、あっさり 1-2 で勝利しましたね。まあ、言葉では「あっさり」なんて簡単に言えますけど、実際は相当の苦労があるわけでしょうが。
 しかし、人間贅沢なもので、こうも強すぎると Ferrari ファンとしても退屈なレースになってしまいます。映像は全然捉えなくなってしまいますし。まあでも、ここまできたのだから、残り全戦ミハエルに優勝してほしいところです。

 ようやくタクマが 3 位表彰台を獲得。まずはめでたいことです。

 今回はサバイバルゲームとなってしまい、チェッカーを受けたのはポイント獲得できる順位までの 8 台となってしまいました。そしてその 8 位にはミナルディのバウムガートナーが入って、ミナルディには 2 年ぶりのポイント獲得となったのもめでたいことです。
 ただ、大きなラルフなどの大クラッシュや、モントヤの黒旗提示までに時間が掛かることなど、ちょっと気になる点も多かったレースでした。ミハエルがセーフティーカーが入った週に、バリチェロをコントロールライン通過前ギリギリ(?)に抜いた点は、オフィシャルからは何も提示が無いようですが、これはマスコミの解釈が一人歩きしていると言うことなんでしょうか。それならそれで、不透明のままでなくオフィシャルからの説明も欲しいところです。
 忘れちゃいけないんですが、レースに勝ったのはミハエルです。結果だけ見れば今年既に 8 勝目で楽勝のように見えますが、前回のカナダグランプリといい戦略面やドライバーのがんばりなど、決して楽ではないように見えます。こういう細かいところやドライバーの力量があるからこそ、今の結果があるわけですね。

 さて、タクマは次はいちばん高いところですね。今年の Ferrari 相手だとかなり厳しいでしょうけど。その日が訪れることを楽しみに待ちたいと思います。

continue reading…

 いやー、本当に Ferrari は強い。

 タクマはいいところまでいったんですけど、またエンジン壊れてしまいました。タクマの場合、“壊れた”と言うより“壊した”と言ったほうが適切かもしれませんが。
 バリチェロにアマチュア呼ばわりされたあのオーバーテイクですが、やはりあそこは我慢すべきだったでしょう。もう少しプレッシャーを掛けていけば、次の週により大きいチャンスがあったかもしれません。表彰台をフイにしてまで仕掛ける場面ではありませんでした。

 終わってみればバトンはしっかり 3 位表彰台です。このあたりがタクマとの大きな違いでしょう。バトンは緩急つけられるからこそ、マシンを壊すことが少ないのだと思います。
 常に全力でいくと壊れてしまうのだから、ここぞと言うときはプッシュして、そうでないときはいたわりつつ走れると言うことができないと、上にあがることは出来ません。

 せっかく今年はその上にあがれる場所にいるのだから、チャンスをつかんで欲しい。もう、いいレースをしたなんて言っていられない位置にいるのですから。

 またまた Ferrari の 1-2 フィニッシュ。もう止められない!?

 今年初開催のバーレーンですが、事前まで開催が危ぶまれていただけあって、コースは工事現場の中にある感じ。レイアウトはクアラルンプールと同じ設計者ということですが、アップダウンもあって割と面白い感じです。
 琢磨が途中痛いミスもありつつ 5 位フィニッシュ。バトンがセパンに続いて 3 位表彰台に上っているので、ミスさえなければもしかしたら、だったんですが。それでも今年の BAR は本当にいい仕上がりのようですので、ミスさえ減らせば琢磨の表彰台も本当にあり得ます。

 初開催ということで、当然 F1 のテレビ中継も初めてということになるのでしょうが、今回はカメラのスイッチングがあまりにも下手すぎ。ピックアップすべきシーンをことごとく逃すというのは、逆にすごいことかもしれませんが、来年はしっかりスイッチングして貰いたいですね。

 次回は 3 週間後のサンマリノ。ヨーロッパラウンドの開幕でライバルチームは果たしてどこまで巻き返しできるでしょうか!?

 暑さが心配されたブリヂストンタイヤですが、蓋を開けてみれば全く問題なかったようで。この分だと本当に 2002 年の再来になってしまいそうです。Ferrari が勝つのはもちろん嬉しいんですけど、やはり他も追いついてこないことには面白味に欠けますからね。
 バトンが表彰台に上がりましたが、今年の BAR は本当に調子が良さそうです。琢磨はエンジン載せ替えたのにブローしてしまいましたが、この調子でいけば今年表彰台に上がるのも夢ではなさそう。

 さて次回は初開催のバーレーン GP。楽しみです。

 ぶっちぎりで Ferrari の 1-2 フィニッシュでした。調べてみると Ferrari の 1-2 は 2002 年の日本グランプリ以来と言うことのようで。そう言えば去年は 1-2 って一度もなかったんですね。
 一昨年の強さが戻ってきた感じですが、気温の方がミシュラン勢の想定より低かったようで、Ferrari がぶっちぎったのはその所為もあるかもしれません。次が灼熱のセパンなので、そこで真価が問われますね。

 フロントウイングの釣り下げ形状が今までにない形をしているのにびっくり。さてこれが吉と出るか凶と出るか。そういや Ferrari の新車発表はいつだったかな。フロントウイング画像直リンク