Skip to content
 

Nise-Itchatteru Hibi

This is not a diary.

Archive

Category: Formula 1

FIA、2011年からF1のチームオーダー禁止を撤廃 (F1-Gate.com)

 無意味なレギュレーションが無くなるか。このレギュレーションの制定にも撤廃にも Ferrari が絡んでいるのが面白いところだな。Ferrari を批判したチームだって、あからさまにわからないようにやっていたわけだし。何より F1 は同一チームから二台出走しているチームスポーツなんだから、順位の入れ替えがあるチームプレイがあって当然のこと。

 来年は無線も全面公開らしいし、どんな指示が出されるのか楽しみだ。遠回しじゃなく「遅いんだから譲れ!」てな無線が聞けるかな。:-)

 誰得シリーズがフジテレビ系列で放送されているが、フジテレビが誰得シリーズを延長して EPG の更新をサボった所為で F1 予選が録画できていなかった。抗議の電話をしたけど日曜なのか誰も出ない。やる気あんのかよ。仕方ないから web サイトから苦情を出しておいたが。
 地デジ推進とかうるさいほど宣伝しているくせに、売りの機能のひとつである EPG 更新サボったら意味ないだろ。しっかりやれや。

 しかも今日も誰得シリーズがフジテレビじゃねーか。今日に限って F1 はブラジルで地上波でも生放送なので、誰得シリーズは九分九厘延長するだろうからスタートはまず間違いなくカットされるだろう。
 以前は CS 加入していたが、料金システムの改悪に次ぐ改悪でバカらしくなって解約した。フジは CS を 3 チャンネルも持っているが、そんなに必要なのかよ。昔みたいに低画質でいいから安い料金に戻せと。

 開催前からサーキット建設の遅れの問題で色々と話題を振りまいてくれたが、本番の決勝でもこれだけ話題を振りまいてくれるとはねえ。:-) 追う立場にあるアロンソとしては 1 戦でも多く開催してくれた方がいいから、GP 開催中止になるのは避けたかった。決勝でも下手すると 3 週走っておしまいという可能性もあったわけで、まさかレッドブル勢が 2 台ともリタイアして優勝するなんて見てる方も思わなかったもん。

 マッサも 3 位に入ったし、Ferrari にとっては結果的に嬉しいレースになった。しかしアロンソの規定エンジンはもう残ってないし、今シーズンは最終戦まで本当にどうなるかわからなくなった。今回の逆転劇で波に乗ってコンストラクターズはもう無理だけど、ここまで来たんだからアロンソにはチャンピオンになって欲しいところだ。

小林可夢偉、グッドスマイルカンパニーとパーソナルスポンサー契約 (F1-Gate.com)

 参戦ってももちろんスポンサーだけど、これで可夢偉の真っ白レーシングスーツもちょっとは見栄えするようになるか? ってどんなロゴ付けるんだろう。しかしグッスマ相当儲かってるんだなぁ。

 ここまで話が大きくなるのは、どこかから圧力でも掛かってるのかね。

 俺は Ferrari ファンだけど、確かにいつもながら Ferrari はチームオーダーの出し方が下手だとは思う。今はドライバーとの交信は全て公開されているが、笑いを取るためにやってるんじゃないかと思えるくらい“露骨な遠回し表現”をしている。
 F1 は 1 チームから 2 台のマシンが出走している。ドライバーチャンピオンシップがあり、チーム総合ポイントで争うコンストラクターズチャンピオンシップもある。そういったシステムの上で、チームオーダーが禁止されることがそもそも間違いなのではないか。

 やらせに見えるとか、観客の気分が萎えるとかいうけど、他のスポーツだって味方選手やチームのために自己犠牲をするシチュエーションはいくらでもあるじゃないか。F1 はこういうところまでも特別であるのだろうか。

 それとも、今シーズンでいえば、レッドブルのチームメイト同士がクラッシュして遺恨を残すという方が、センセーショナルでマスコミも記事にしやすいからなのか。まあ、今回の Ferrari の件もこれだけ引っ張られているのだから、そういう意味では充分センセーショナルといえることになるのだが。

 UK のサイトでは 95% のファンが今回の件に対して、更なるペナルティを望むとかあるけど、誰でも何回でも回答できる web 上のアンケートなんて参考にもなりゃしない。しかも UK だし、マクラーレンのファンあたりが必死に連打しているんだろう。

 本当にチームオーダーってそんなにも萎えるものなのか? 俺にはここまで騒ぎになることがよくわからない。

ルイス・ハミルトン 「アロンソの主張は負け惜しみ」 (F1-Gate)

 今までの度重なる危険運転に加え、今回も意図的にペナルティしておいて開き直りかよ。こいつはオーストラリアの公道で暴走運転をして起訴されてるし、もう狂ってるようにしか思えない。

 一刻も早く F1 から消えて欲しい。

 また SC でゴタゴタが。

 ハミルトンは SC をルール無視してオーバーテイクしたが、Ferrari 勢 2 台はルール通りに SC の後ろに付いた。SC をオーバーテイクしたハミルトンにはペナルティが科せられたが、そのペナルティがピットロードスルーという軽いものだったため、ルールを無視して SC オーバーテイクしたほうが結果的に有利になったという、意味がないペナルティだった。
 さすがにマジメにやってバカを見たアロンソはブチ切れのコメント。そりゃそうだ。

 おまけに SC 出動中の最低タイムを守らなかった(こんなレギュレーション知らんわ) 9 台にはレース中に審議結果を出すことが出来ず、レース後に各車のタイムにたったの 5 秒加算という、表彰台の順位を崩さないように設定したとしか思えないペナルティ。

 またしてもスチュワードの無能さが露呈されたわけで。いい加減このシステム何とかしてくれよ、見てて興ざめだ。

バリチェッロ、シューマッハのお陰で『命拾い』 (FMotorsports F1)

バリチェッロの行為は直ちにペナルティのリストに挙げられていたものの、その後に起きたシューマッハのペナルティについての対応に追われたため、結局こちらは結果的に放免となってしまったという。

 開いた口がふさがらん。こんなんだったらスチュワードいらねーだろ。

シューマッハのオーバーテイクにペナルティ (NIFTY F1)

 F1 でいちばん退屈なグランプリ。

 で、チェッカー直前にシューマッハがアロンソをオーバーテイクした件。去年まではセーフティーカーが引っ込んだあと、コントロールラインを超えるまではオーバーテイク禁止だったのが、今年から「ピットレーン入口にある SC ラインをセーフティカーが越えればオーバーテイクが可能」ということになっているのは俺も知っていたが、別の条項で「セーフティカーがファイナルラップまでレースをコントロールしている場合にはオーバーテイク禁止」というのは知らなかった。つかレース関係者でもここまで知っているのは殆どいないんじゃ?
 実際シューマッハはチームラジオで「仕掛けていい」といわれたらしく、それで仕掛けたとレース後のインタビューで語っていた。

 まあでも隊列状態だっただけに、20 秒加算のペナルティは痛いね。シューマッハは「今回ヒルがスチュワードにいるから面白いことになるかも」なんて言っていたけど、ある程度覚悟はしていたんだろうな。

 あと、どこのニュースサイトでも触れられていないのが、バリチェロがクラッシュした際にステアリングホイールをコース上に投げ捨てて、それを他の車が拾ってしまった件。
 これ一歩間違えば大惨事になるんだが、全く問題になっていないのはどういうことなんだろう。テレビ映像でリプレイまでされていたから、このまま見過ごされるって事はないと思うけど。

 ヨーロッパラウンドだと思い込んでいて、夕方にサイトチェック報告メールを見たらしっかり結果が載っていて、久々に見る前に結果を知ってしまったって感じだ。ついったーのフォロワーのスカパーで見てる人が空気読めずに結果を書いたりしてるから、やはり情報は完全に遮断しておかないとダメだ。
 ちなみにスカパーは去年のディフューザー問題で F1 自体への興味をかなりそがれたし、フジテレビ NEXT の視聴料が不当に高くなって、とてもそれに見合う料金設定とは思えないので見ていない。昔は 735 円だったのにな。

 で、レース自体はウェットでスタートの 1 コーナーから波乱。結局アロンソをスピンさせたバトンが優勝。まあ、レースアクシデントなんだが、1 コーナーの件があるからおめでとうとは言えないな。
 Ferrari は 3-4 で、こんなレースでもこの位置でフィニッシュできたんだから今年は期待して良さそうだ。

 対してヴェッテルはまたもトラブルでリタイア。レッドブルは速さはあっても信頼性に問題があるようだ。で、そのヴェッテルがマシントラブルでコースアウトしたときの映像。



ヴェッテルがマシントラブルでコースアウト


マクラーレンクルーは拍手喝采で大喜び

 バトルしていて、自チームのマシンがオーバーテイクしたのなら喜ぶのはいいんだが、ライバルが単独で結構危ないコースアウトして大喜びってどうなのよ。ファンならともかく、関係者が人目をはばかることもなく大喜びってイカれているとしか思えない。クラッシュで怪我とかしている可能性を考えないのか。



そしたら自チームのハミルトンがオーバーテイクしようとしてミスってコースアウト


なんてこったい! と落ち込むマクラーレンクルー

 まあ、人を呪わば穴二つってことですな。