Skip to content
 

Nise-Itchatteru Hibi

This is not a diary.

Archive

Category: Formula 1

フェラーリ、2016年F1マシン『SF16-H 』を発表

 前にも Ferrari 新マシンネタを書いていたから blog で。

 ついに Ferrari もち○こ付きノーズになってしまったかぁ。このレギュレーションなんとかならんのかね……。
 しかし、形式も相変わらず統一感ゼロだよなぁ。「SF16」はわかるんだけど、「H」ってなんだろうね?

フェラーリ F138 【 F1-Gate.com 】

 やっぱ段差有りと無しじゃ天と地の差だよな。F1 マシンはカッコよくなくてはいけない。ただ、フロントウイングの釣り下げ部の形状がいまいちスムーズじゃないのが気になるな。まあ、勝てばいいか。今年は頼むよ。

フェラーリ、2013年F1マシンの名前は『F138』 【 F1-Gate.com 】

 今年は F138 かあ。年号+エンジンのシリンダー数だけど、しかしながらホントに Ferrari の F1 マシン名は一貫性がないよな。ここまで毎年テキトウに付けてるチームは他にあるんだろうか。イタリアという国民性もあるのかね?:-)

 11 月も下旬になろうとしているのに、今年の F1 シリーズは終わっていない。随分と長くなったものだ。

 さて、久々のアメリカ GP はアロンソより前のポジションを取ったマッサが、アロンソに順位を譲るためわざとギアボックスを交換して、5 グリッド降格処分。これによりアロンソを不利な偶数列からグリップの有利な奇数列の 7 番グリッドに押し上げ、おまけにマッサも 11 番と後方ながら奇数列のグリッドを獲得。結果、アロンソは 3 位、マッサも今回はいい走りで 4 位フィニッシュだった。

 意図的なギアボックス交換による順位操作は今回が初めてになるけど、こういうあからさまなことを最初にやるのはいつも Ferrari なんだよな。:-) まあ、意図的リタイアもそうだし、F1 はいかにルールの穴をつくかってところがあるからファンとしてはそう気にならないんだけどね。でも来シーズンあたりから 偶数グリッド降格とかペナルティの方式が変更されそうな気はする。:-)

 しかし、アロンソはホントにしぶとい走りをすると思う。優勝回数が少ないのにしっかりポイント稼いで優勝争いに絡んで、次戦の最終戦にまで持ち込んだわけだし。
 さて、今週末は遂に今シーズンラストになるブラジルグランプリ。天候は荒れるという予想だけど、ここ数年は色々なドラマが起きているので是非ともアロンソの逆転優勝を望みたいところだ。

 マルドナードが優勝して、今年はまだ全戦で違うウィナー記録が継続中。アロンソは 2 位だったけど、今の Ferrari の状態から考えると最高の結果じゃないだろうか。しかしマッサは相変わらずダメだなぁ、マシンがアロンソ好みに作られているのか、マッサはもうやる気がないのか……。でもこのままじゃ来年の契約は確実にないだろう。

 あと、ウィリアムスのガレージの火災。死者は出なかったことと、レース中に起きなかったのが不幸中の幸いかもしれないが、ガレージの機材は全滅らしく、これ被害額いくらになるんだろうね。保険は下りると思うけど。
 まだ完全な原因は解明されてないけど、セナのマシンの KERS が原因という話しも出ているので、これが本当だとすると各チームの KERS システム見直しになるだろうし、最悪今シーズンは KERS 禁止になるかもわからんね。

 今年の Ferrari は本当にひどくて、大幅アップデートが来るまでは表彰台に乗れれば御の字だと思っていたんだが、まさか二戦目で優勝してしまうとは思わなかった。:-)
 雨のレースだったんでドライよりは目があると思ったけど、昨年までのちぐはぐなピットワークはどこへやら、シューマッハ時代を彷彿とさせるピットワークでアロンソが勝利をもぎ取った。こういうレースで優勝できるのは流石歴代ワールドチャンプだけあると思わせてくれた。ペレスの二位ももすごいことだが、終盤ミスさえしなければアロンソをオーバーテイクしていたかもしれない。しかし自らのそのチャンスを潰してしまった。こういうところが経験の差なんだなと。しかし、今年も Ferrari はもうダメかと思っていたが、少しは希望がもてそうだ。

 話は変わって、今年から無料のテレビ放映は地上波から撤退して BS に移行。CS 素材を編集して作られているので、ギャーギャーわめく実況が無くなって落ち着いて見られてよい。それにキチンと表彰台の国旗掲揚もカットせずに流すし、レース後のドライバーブリーフィングもカットしなくなった。本来こうあるべきなんだが、地上波時代は勘違いしたビギナー向けの番組構成だったが、あれはいったいどの層に向けた番組作りだったんだろう。
 そして、テーマソングに「TRUTH」が復活したが、また微妙なアレンジを施してくるのかと思ったら、オリジナルバージョンでちょっとビックリした。この曲はオリジナルバージョンのアレンジがいちばんいいと思うので、このまま続けて欲しいな。

レッドブル 「RB8はフェラーリほど醜くない」 【 F1-Gate.com 】.

 とか言ってたが、「レッドブル、RB8を発表」を見ると十分醜いわけで。これでマクラーレンが今期最速だったら笑うしかない。

フェラーリ、F2012を発表 (F1-Gate.com)

 事前に流れていた情報通りの醜いデザイン。シーズン途中からハイノーズにした 1996 年 の F310 もアレだったけど、こっちの方が断然格好悪いなぁ。これで勝てなかったらさすがにたまらんぞ。

6/5、F1マシンが史上初めて日本の公道を走行 Red Bull Energy for Japan (Red Bull Japan)

 と言うわけで地元だし、Wwood さんから行くように要請されたので行ってきた。どうせ大量に人が押し寄せて走行シーンなんか見られないだろうから、生のエキゾーストノートが聞ければいいやと思っていったんだが……。案の定大量の人が押し寄せてえらいことになっていた。:-) しかも 9 割がどうみてもモータースポーツに興味の無さそうな一般人だし。仕方ないけど。
 マシンが走行する商店街は人が多すぎて入ることは出来ず、裏道から商店街に通じる道からやっと商店街の人垣が見えるくらい。まあ、ここにいればマシンは見えなくともエキゾーストノートは聞こえるので、そこで音を聞くことにした。

 かなりパニック状態になっていたらしく、この手のイベントでは時間が押すことは当たり前だが、店が開店する前にさっさと済ませてしまおうと言うことらしく、さくっと商店街を一往復してそつなくイベントは終了。マシンは勿論低速走行だっただろうが、結構空ぶかしして元町にエキゾーストノートを響き渡らせてくれた。生で聞けたので満足。

 なんでも日本の公道を F1 マシンが走るのは今回が初めてらしく、その地が地元横浜になったのはちょっと嬉しいかな。


大量の人
押し寄せる大量の人

 このあと突然ブエミが目の前を横切ったんで、慌ててシャッターを切ったがスローシャッターモードだったので被写体ブレしていた。:-)

小林可夢偉、現在はホテル住まい (F1-Gate.com)

 住所不定になるんだろうか……。