Skip to content
 

Nise-Itchatteru Hibi

This is not a diary.

Archive

Category: camera

 毛繕いをするねこ。



ねこ

6月 17

 早朝撮影に出かけたら門塀の明かりの上に猫が寝ていた。



 前の SIGMA レンズ、画質は好きだったんだがあまりに AF 合焦(atok 変換せず)を外しまる事が多く、先日の撮影もピンボケ写真が混じっていてさすがにブチ切れてタイトルのレンズを買ってみた。反省はしていない。

 で、今日届いたんだが、まずは前のレンズに比べて梱包が簡素になっていることに驚く。前のレンズは化粧箱の紙質も良かったし、レンズポーチも付いていた。まあ、無駄な部分なんでそういうところは削ってくれていいけど。

 既に撮影でうろついてきたあとだったんで、試しに室内の胡蝶蘭を撮影。今回はマクロが使えるので寄って AF 合焦を試してみたけど、今までのレンズは同じ AF 合焦位置でピントを合わせ直すと、ほぼその都度大きくフォーカスリングが動いていたが、今回のレンズは今の所その様子はない感じ。あとは屋外のテレ端でどうなるかだなあ。明日にでも試そう。

 あと、やっぱり違和感合ったのは、今回のレンズは F2.8 通しではないので、テレ端側に振ると F 値が下がる。:-) 困ることはそうそう無いだろうが、やはり最初は「あれ?」って思っちゃったな。:-)



本体現像撮って出し

疲れた

5月 23

 なんかこんなタイトルこないだもあったような。まあ全然気にしてないけど。:-)

 今日は弟の結婚式だった。スチルはプロのカメラマンが撮るというので、ビデオを回して欲しいと頼まれる。はっきり行ってパニックディスオーダーの自分には式へ参加するだけでもイッパイイッパイだというのに、ビデオ撮影を頼むなんてなんたること。
 と思っても他に出来る人はいないので、いろんな方からのアドバイスを思い出しながらなんとか無事に式を終えることが出来た。ふう。

 ところでプロのカメラマンさんは女性の方で、EF70-200mm F4L IS USM と EF24-105mm F4L IS USM を EOS 5D に付けて撮影していた(良く確認出来なかったからレンズは IS 無しのかもしれないけど)。
 面白いと思ったのはレンズフードを外しているときの処理。腕が細いことを利用して腕にはめてた。:-) そうか、痩せているとこういうことも出来るのか、と関心した次第。あと、右腕の手首に湿布貼ってた。やはりプロともなるとハードなんだろうな。

 一応自分もカメラは持っていって(ビデオメインでスチル撮影することは殆ど無かったが)、自分が使ってる 18-50 の SIGMA のレンズはシャープで明るくて良いレンズなんだけど、AF が合わないことが多々あってちょっと困ったちゃんレンズなんだよな。一回調整に出したけど、本体との相性もあるんだろうが改善してなかったし。純正の明るいのが欲しいところ。金無いけど。

 今日から例の蒲田付近上りが高架化。さらに空港急行が設置されて、ダイヤ変更。地元駅は普通のダイヤが不等間隔になって激しく使いにくくなった。2 年後には下りも開通するが、その時には等間隔に戻るのだろうか。大田区のごく一部の連中が空港快特を止めろとバカ騒ぎしているが、それに隠れて他の駅の利便性が大きく損なわれたことが話題にならないのは京急の計算だったのだろうか。



なんだよこのシールは。:-)


新設の空港急行。2000 形最後の活躍の場か

 京急の六郷土手~平和島の上り高架切り替えが目前に迫ったので、撮れなくなってしまう風景を撮りに。平日なのに撮り鉄多し。こりゃ土曜はえらい騒ぎになりそう。

 とまあ、平和島への駆け上がりもこれで見納めって事でテキトウに写真を撮っていたら、先日納車された 1121 編成の試運転に遭遇。情報通りドア上 LCD 付いてました。

 しかし、歩くより立ちっぱなしというのは疲れる。撮り鉄はいろんな意味で地獄だぜ。



 関西在住の非鉄の友人から、「オレンジの電車に緑の車輌が挟まっててビックリした」とメールとたまたま撮影した写真が送られてきた。

 理由を聞かれたが、自分は鉄道は好きではあるが京急が好きなだけで、そこまで入れ込んでいるわけじゃないから、鉄道情報を網羅しているなんて事はないわけで。
 ということで“大阪環状線 103系 混色”をキーワードに検索してみると、どうやら 1/22 あたりから 1 ユニット不調で一時的に阪和線の 103 系と交換していて、こんな状態になっているらしい。修理が済むまでの暫定的な措置だから塗り替えはしていないんだろう。
 でもこういう事をするって事は大阪環状線には予備車が無くて、阪和線には予備車があるって事になるのかな。よくわかりませんが。

 ともあれ、首都圏でも以前は混色編成は幹線以外だとそれなりにみられたわけだけど、オレンジとウグイスの混色という組み合わせは珍しい。そんなわけで関西方面では話題になっている様子。

 しかし、一編成しかないのにたまたま乗り合わせるなんて運がいいねぇ。以下提供して貰った写真を掲載(承諾済み)。非鉄の人がたまたま撮っただけなので編成写真としてはわかりにくいけど。ホーム端に撮り鉄が写りこんでるのが笑える。:-)


大阪環状線の混色 103系

 近くに用事があったのでちょこっと撮影。いつもなら 1 ローテーション待つんだけど、時間がないので 1000 形だけ。
 既報の通り、今年のヘッドマークは 1 種類のみ。こうところにもコスト削減のしわ寄せが来ているのだろうか。


1351 編成

 1000 形のこの姿も今年が最後かな。


keisei_3668

 ここのところ 3050 形の牽引で大忙しです。

 京成 3050 形第 2 編成のお出迎えその 1。今回は後追いで。数少なくなった京浜間の鉄道柵で、そこに布団が干してあったり。今ではこういう光景がほとんど見られなくなったのが寂しいところ。


京成 3661