Skip to content
 

Nise-Itchatteru Hibi

This is not a diary.

Archive

Category: anime

 何じゃこのアニメは。

 俺が近未来ものを好まないことを差し引いてもひどい。盛り上がりそうなシーンだけを寄せ集めて作ってみました的な。これは見なくてよさそう。

 アニメの OP ってすごく重要なんだなと再認識させてくれた。そのくらい出来の悪い OP。手抜きとかじゃなくて、曲調が最悪。そういう作品内容だからそれに合わせたのかもしれないけど、ハズしているとしか言いようがない。前期の『ベン・トー』や『はがない』なんかはよく出来ていただけにもの凄い差を感じてしまう。

 本編も今ありがちな原作が 4 コママンガだけど、うまくアニメに消化できていない感じ。いまいちテンポが悪いし、キャラの声も下手なんだか声質なんだかわからんが見てて気持ちよくない。今期開始アニメで最初に見たのがいきなりこういう作品だとテンション下がるな。
 まあ、他にどうしても見るものがなかったら見てもいいかぐらいだな……。

 まあ、予想通りの終わりと言えば予想通りの終わり。

 しかし、幾原監督は見せ方とか独自の演出は素晴らしいのに、どうしてもラストは散漫になる印象がある。今作も(といっても前作アニメは『ウテナ』までさかのぼるが)前半の視聴者の引き込みは素晴らしいのに、後半で冗長な展開だったり、あのキャラクターはいったい何しに出てきていたのかわからない、とか。
 なにも全部が全部キッチリ制作側の答えを示せと言っているわけでは無い。が、しかし、あまりにも抽象的すぎたり、ひねりすぎて「後はご想像に任せます」的な点が多いと、作品の〆として破綻してしまうのでは無いかと言うことだ。全部が全部内容を整理して、伏線も全て覚えていて即座に回答を出せる視聴者だけでは無いと言うことを考えて欲しかった。俺みたいなバカのためにも。:-)

 ということで、個人的には前半は面白かったが、後半は散漫な印象が強くあまり面白くなかった。それでも幾原監督には舞台とかじゃなくて、またアニメをやって欲しい。

 別に二期があるわけでもなく、ひどい投げやりな終わり方だった。OP は前期後期とも曲も含め結構好きだったんだが、結局それだけのアニメだった。

 今週は例のバンクがなかった。さすがにそろそろ飽きるころ、と計算していたのならさすが。しかし能登は歌が下手だな。:-)

 不作だ。数は多くても面白いと思えるのが、『輪るピングドラム』、『うさぎドロップ』しかない。他は『まよチキ!』、『神様ドォルズ』が次点に来るくらいで(『バカテスト』は二期なのでこれは別として)、俺に合わないかものばかりだ。

 面白すぎるのが沢山あってもみるのが大変だけど、少ないってのもやはり寂しいものがあるね。

 3 回目を迎えたわけだけど、さすがにあの長いバンクは飽きる。Wwood さんが早送りするレベル。:-) このへんが幾原イズムってところなんだろうけど、オタ向けアニメで毎回長めのバンクが入るアニメってあまりないからね。このへんが省力化しても面白いものが作れるという部分なのかもしれないが。今後、ウテナの時みたいにちょっと変化を付けてくるかも知れないけど。バンクが始まると兄二人が「もういい!」とか言ってスキップしたりとか。
 それでも今期でいちばん面白いのはこのアニメだから、抽象的だけどわかりやすい展開をして欲しいな。

 これのオープニングテーマ「君+謎+私でJUMP!!」について。

 久しぶりに高瀬氏がアニメの主題歌を担当。先週の「TRIBAL LINK 2011 in TOKYO」で聞いたときは、ライブということもあって特に感じるものも無かったが、オンエア版を聞いて少しだけ印象が変わった。ライブの時の印象よりは悪くない。
 高瀬氏の作風が初期の頃に比べて変わって久しくなるが、メロディの特にサビに関しては最近の曲の中ではいい方だと思う。でも高瀬氏のポテンシャルはこんなものではないということを知っていると物足りないのは事実。

 I’ve 楽曲がロック寄りにシフトして以来、何度も聞きたくなったり、聞いているうちに涙してしまうような曲は殆ど無くなってしまった。それでも聞き続けているのは、やはり最初に高瀬氏の曲……つまりはアルバム『regret』を聞いたときのインパクトがあまりにすごかったからに尽きる。

 芸術関連……線引きが難しいが、こういったものを創造する人は変わるべきところと変わってはいけない点があると私は考える。だけど、高瀬氏は変わっていけないところが変わってしまっているのだと感じる。勿論、作る側にも考えるところは色々あるのだろうけれど、そろそろ原点を振り返ってもいい頃なのではないかとずっと見続けているいちファンとして思う。

ファンの皆様へ (ぷろだくしょんバオバブ デスクのつぶやき)

 闘病中だったけど、亡くなってしまった。時事ドットコムなどによると、卵巣ガンだったらしい。若いと進行が早いからか……。残念だ。

 川上さんのメルマガを購読していた。「元気になったらまたすぐ配信します!!」の言葉で配信は中断されていたが、配信が再開されることはなくなってしまった。
 『少女革命ウテナ』がとても好きで、特に川上さんの、あのあっけらかんとした感じのウテナが好きだった。その後の役もあの独特な元気な声で色々なキャラクターを演じられていた。
 もうあの声を聞けないと思うと本当に残念でならない。謹んで哀悼の意を表します。

 やっとオープニングが完成したようで。つっても「妄想戦士宮前かなこ」も、回を重ねるにつれ作り込まれていったような気がしなくもないが、きっと気のせい。
 ちょい役で小見川が出てきたので個人的には満足だ。:-)