Skip to content
 

Nise-Itchatteru Hibi

This is not a diary.

Archive

Category: anime

卜部役の人が声優っぽくない喋りだなと思って調べたら、本業は女優で声優は初挑戦だったのね。いかにもアフタヌーン的な作品って感じかな(アフタヌーンは読んでないんだけど:-))。そんなに悪くなかったので、これも暫くは見てみようかと。

 なんかショート単発アニメでもいいんじゃないかって思うような一話だったな。このコントラストの色彩設計は好きなので、願わくばこれから面白くなって欲しいが……。

 三ヶ月なんてあっという間だね。というわけで再開。

 再開一発目ってことでガンガン動いてたけど、息切れしない程度にやって欲しい。:-)

 えーと、確かこれはテレ東で放送されているはずなんだが、思わず放送局確認しちゃったよ。

 というわけで、テレ東でまさかのぱんてぃら、下着解禁。ただただそこにビックリした。テレ東でぱんてぃらっていつ以来になるんだろう。俺の記憶では『ブルーシード』で謎の岩があったりと、修正入って話題になったのが最古。ということでその時点で既に NG だったわけで、ホントいつなんだろうね。
 そういえば、最近ぱんつを描けないからぱんつを穿いていない設定になったシーンがあるアニメがあったって話題になっていた。それをうけてかどうかはわからないが、この不況下で規制のない局に逃げられるのを嫌っての方針転換ってことなのかな。まあ、必要以上に見せるのもつまらんが、全くダメってのもよくわからない規制だったわけで、それなりに見せるんなら別に問題ないと思うけど。

 でもって一話はそんなにつまらなくなかったので、暫くは見続けてみようかと思った次第。

めだかボックス #01 OP
 ちなみにアイキャッチの止め絵でもぱんてぃらしてました。

 何話か見て、面白くないから見なくていいかなーと思っていたら、Wwood さんから「かっこいい能登が出ている」と勧められたのでやめずにそのまま見続けていた。基本的に俺はメカものは苦手なのだが、この作品はメカの操縦シーンより主人公達の生活シーンに重きが置かれていたので、なんとか見られた要因でもあったと思う。

 結局最終話まで見たのだが、作画クオリティが全体的に低くあの“ヤシガニ”までは行かないが総崩れしている回があったり、いくら二期へ続くからといってラストの主人公達のピンチを強力な助っ人が現れて敵を一掃しました! って解決してしまう、もの凄く手抜き脚本だったりしたのもネタと考えれば面白かったかもしれない。

 まあ、二期も取りあえず見ると思います。

 この手のグロいのは苦手なので、今回で見るのをやめようやめようと思いつつ結局最後まで見てしまった。やはり“死者”は意外な人物だったけれど、そうでないと面白味に欠けるもんね。
 で、制作はピーエーワークスだったんだけど、グロ描写があまりにリアルすぎて困った。こういうのをここにやらせちゃダメだって。:-)

 さすが浅香監督の作品だけあって、地味な題材だけど(原作も面白いのだろうけど)間とか見せ方が工夫されていて見ていて飽きがこなかった。
 中途半端なところで終わったけど、これも『君に届け』みたいに第二期があるのだろうか。個人的には続きが見たいので、是非ともやってほしいところ。

 脚本がぐちゃぐちゃなのはこれ以上言及しても無駄なので放置。で、いつも思うこと。

 なんでアニメに出てくる鉄道車輌の描写っていい加減なんだろう? 資料無しの想像じゃここまで描けないよな? じゃあなんで窓の位置がおかしくなるんだ? 意匠の問題でわざとやってるのか? え? プラグドア? んなわけねーだろ。:-)
 架空のデザインなのは構わないんだが、他のアニメでも明らかに構造上おかしいものが多すぎて萎える。以上、鉄オタの戯れ言。

 長年にわたるアニメシリーズも完結。むしろ原作は続行で、アニメは尻切れで終わることが多いだけにこの作品は恵まれていたと言えるのかな。原作者の病気もなんとか持ち直したようだし。
 最終シリーズはあっさり終わった感があるけど、変にひねるよりこういう構成の方が見やすくてよかったかな。

 「つきひフェニックス」は「かれんビー」に比べるとわかりやすい纏め方だったかな。しかし、成長した忍演ずる坂本真綾の声はよかった。次は劇場版『傷物語』かね?

 というのも、ラストのこれはなんだ?