Skip to content
 

Nise-Itchatteru Hibi

This is not a diary.

Archive

Category: anime


ニッチのぱんてぃら
※テレビ東京の映像です

 いきなりこんな絵を載せてすまない。とはホンのちょっとしか思っていない。今に始まった事じゃありませんから。

 で、何がビックリしたってテレ東でぱんてぃらがあったことがビックリ。普段のラグのデカパンを穿いているときは、いわゆるテレ東規制に関係ないと思っていたんだが、シルベットぱんつでも ok とはおもわなんだ。
 テレ東規制の明確な基準ってのはどうなっているんだろう。ニッチは見た目幼女だから ok なのか、はたまた摩訶で人間とは違う生き物だから ok なのか……。
 と、くだらないことに頭回してる暇があったら他のことやれと。:-) まあいつものことですが。

 そういえばこの blog でアニメのテガミバチを取り上げるのは今回が初めてだった。アニメの、といっても原作は未読ですが。
 原作はどうか知らないけど、ストーリーはかなりテンポよく、といえば聞こえはいいけど端折りすぎてるんじゃないかって感じがする。まあその分気を揉まずに見られるんだけど。

 そろそろ 1 クール目が終了、なわりには話が終わりそうにないんで、セル版のスケジュールを見たらどうやら 2 クールのようで。来期は今期からの持ち越し視聴がそれなりに多そうな予感。

 まあこういう話になるのは仕方がない。『とある魔術~』までの青臭さを感じないのは、作品の毛色が違うっていうことをわかった上でやっているのかな。
 既に発表になっているサブタイを見ると、次回で今エピソードは終了の模様。その次はまたバカなエピソードをやってくれそうでこちらも楽しみ。

 ところで木山せんせいはこのあとどうなるんだろ。OP 後半のカットにある実験施設と胎児の映像は今回出てきたけど、虚数学区はまだだよね。2 クール目はこれをメインに据えてくるのかな。

 胡桃沢……。まあ、色恋沙汰になると人間こんなもんか。しかしこの描写だけだと、どんな性格の奴なのかまだいまいちつかめないな。やっぱり腹黒さ全開で! ってこの作品でそれはないな。

 しかし、今回のオンエア問題は別のところにある。最後に「キミトド!」という日テレの新人アナが出てくる実写パートがあるのだが、そこでマーガレット最新号のネタバレをやるのはどうなのよ!? いくらベタで流れが読める展開だからって、わざわざやるもんじゃないと思うんだが。
 構成した奴は汐留ジャンボリーで全裸正座して反省した方がいい。

 AS 先生が居合い入ってると思ったら、今回は作画監督もやってた!

 躍動感溢れる場面設計でクオリティも高く、面白かった。シナリオも『走れメロス』をそのままやるんじゃなくて、作家側にも『走れメロス』と同じ境遇を持たせてそれと同時展開していったのも面白かった。

 このシリーズは元になる題材によって面白さが違うけど、今回みたいな方が俺は好きだな。

 前回 #8 が HD 画質になったと思ったら、今週はまた SD アプコン画質に戻っていた。ただ、オーバースキャン領域の黒枠が #7 までと違うし、横縞が目立つようになっているのでそれまでとは違う機材で編集した模様。

 シャフトのことだから、前回は直前納品で SD ダウンコンしている時間がなかったとか……。まあ、真相は当事者にしかわからないが、HD で作ってるんだからそのまま流して欲しいわな。


ねんどろいど 秋山澪

 忘れた頃に送られてくるフィギュア系。多分勢いで注文していたんだろう。頼んだことを忘れていた。
 ねんどろいどって初めてなんだけど、こんなにでかいものなのか。一緒に映ってる CD は比較用。俺がガチャガチャで出てくるようなサイズを想像していたんだが……。

 さてどうしよう。

 脇腹(劇中会話と予告の映像を見ると胸のようだけど)に回し蹴り喰らって吹っ飛んで、それでも平気な黒子さんはどんな訓練を受けているのだろう。
 まあ、見せる上でアクションは大げさにするもんだが、ちとこれはさすがに違和感が。

 佐天さんはまあ、誰もが抱く劣等感で中一(だっけ?)だと余計にそうだろうなと。あそこでホイとデータを差し出す展開にしないのは、2 クールという余裕ある話数のなせる技か。
 前作もそうだったけど、やっぱり長編になると一話完結にはしてこないよな。このあとのシリーズ構成に注目。

 なんか俺すげー偉そう。もちろん来週が楽しみですよ!

 最近は集中して一気に見たから、「とある~」シリーズの話題ばかりだったけど、この作品も忘れてはいけない。

 ところで、例の新キャラは平野綾なんだけど、俺が見てるアニメの平野キャラは言うまでもないハルヒ、らき☆すたのこなた、絶チルの薫等々のイメージがあるので(リュミエールは古すぎるんで覚えていない)、こういうカワイイ系のキャラを演じると実は腹黒キャラなんだろと思ってしまう。別に平野綾が嫌いとかじゃなくて、そういうイメージが出来ちゃってるんだよね。

 まあ、これまでの展開からまた腹黒系キャラの登場って事は考えにくいが、実際そうだったらちょっとイヤだな。次回のサブタイを信用しておこう。

 そんなわけで、勿体ないけど見たい気持ちを抑えつつ本放送に間に合うように見たのでありました。続きが楽しみだ。

 序盤は単発で掴みをやって、徐々に本題に持っていくというわかりやすい構成だし、2 クールこのままうまくやってくれれば言うこと無い。

 数回前から ED だけ HD 解像度になっていたが、今回から本編も HD 解像度になっていた。

 前期のシャフト制作である化物語は全編 HD だったが、絶望先生の 3 期は OP/ED だけ HD だった(何故か SD 解像度の回もあった)。
 編集段階でこういうよくわからない構成になってしまうと思うんだが、こだわる側からすると統一して欲しいものである。

 ところで、タイトルの“春夏冬中”は“あきないちゅう”と読むのだが、自分がこの当て字(?)を知ったのは『パタリロ!』である。小学生時代にすいぶんと難解な漫画を読んでいたものだ、と今思う。

 ところで次回の予告漫画担当は名塚佳織なんだね。:-)