先日運転免許更新に行った。日曜にクソ遠い試験所まで行く気はないので、仕方なく半休取って行ってきた。土日も指定の警察署でやれよと思いつつ。

 講習は 5 年前はチェック無しでループで流れているビデオを一周見たら帰っていいという形だったが、今はチェックするオッサンがいて「アンタはここから見たから、場面を覚えておくように」とか言ってたけど、結局一周した時点で「ハイ、アンタ一周したから帰っていいよ」って指示してた。
 あと、ビデオの区切りの部分で道交法が改正された直後だったからか、そのオッサンが簡単に改正点を説明した。自転車に関する改正が多かったが、タンデム走行も禁止なのは知らなかった。横並びに走られるのは邪魔だし危険だからな。もっとも、そんなことは運転する人が考えればわかることであって、法で縛らなければいけないというモラルのない現代社会の象徴なワケだが。

 ところで、教習ビデオは退屈な物が相場であるが、今回見たビデオは解説者が右京ちゃんだったからわりと楽しく見られた。素人にハイドロ時のスピンを体験させて、それからの立て直しの説明時に「カウンター……逆方向にステアリング……ハンドルを切って……」とか。:-) 他の国でも引退したレーサーがこういうビデオに出たりしてるのかな。ミハエルの教習ビデオとか見てみたいぞ。:-)