やっぱりフルコーラスは前奏長いんだな。

 前にも書いたけど、最初に聞いたときは「あー」って感じだったけど、ちゃんと聞いてみると A’ メロのバッキングのピアノとか、高瀬節らしさは随所に残ってるんだよね。楽曲構成が今のものになっているだけで。

 たまにあるんだけど、インスト版のほうがじっくり聞ける曲だった。KOTOKO には悪いけどね。まあ別に KOTOKO の歌声を否定しているわけではないので。念のため。高いキーとか昔に比べてちゃんと出てるし。確実にうまくなっていると思う。

 次は MELL 様の“proof”ですか。こっちの方がざっと聞いた感じ好きなんで楽しみです。