西田亜沙子さんがキャラデザやってるから見なければと思いつつ、微妙な評判で見るのを躊躇していたんだけど。

 有明まんがまつりで買ってきて貰った、きみづか葵さんの本にシムーンネタが載っていて、「最初我慢してみれば後は面白い」と書いてあったんで、休みを利用して録り溜めしてあるのを一気に見ることにした。まあ、最初我慢してみなければいけないって時点で、話の展開の仕方としては本来ダメなわけだが。

 確かに最初は微妙。でも見続けると結構面白い。戦争自体を描くのではなく、それに参加する巫女たちの心理描写や関係がメインなので、そう言うのが好きならば見られる作品だろう。バリバリの百合作品だし。しかし、テレ東でよくこんなの流せるな。近親相姦ネタもあるし。

 あとはやっぱり西田亜沙子さんの絵はエロいですね。直接的なエロさでなく、絵から醸し出すフェロモンが何とも言えません。たまらんです。