今日が本当の最終日。土曜から風邪気味でちょっときつかったけど、半日おっかけてみました。

 9 時 30 頃、739F が沿線の保育園・園児たちを乗せて川崎 1 番線に入線。各保育園・幼稚園毎に記念撮影。その後再び子供たちを乗せて大師線内を 5 往復したのち、12 時 30 分より川崎駅でお別れセレモニー。テレビ局は tvk と NHK が来ていた。さすがに激混み状態。
 ここで新ヘッドマークを川崎大師駅長に贈呈し、 739 のヘッドマークを「さよなら 700 形」から「ありがとう 700 形」に変更。住み慣れた大師線を後にして品川へ。
 品川では 3 番線に入線。13 時過ぎから 15 時過ぎまで車内も一般開放。その後新町へ回送という流れ。

 予定通りに作られず鈍足車と化してしまったため、本来の性能が発揮できたのはホンの一時期だった 700 形。夜勤の仕事していたとき、出勤時に利用していた上り快特の品川方増結が当時は 700 形で 1000 形をひっさげて快走していたのと、D 急行晩年時に朝は 4 + 4 の 8 輌で運用されていて、それで通勤していたのが思い出。あと、乗ってて車輌故障を体験したのも 700 形だったっけ。

 旧 600 以来の形式消滅になるわけだけど、インターネットで情報氾濫してからと、自分がカメラにハマってから形式消滅なので、車輌に思い入れこそ無かったものの、今までいちばん印象深いかな。ヲタを乗せないで、子供たちを乗せるって言うのもよかったし。とにかくお疲れ様でした。ことでんにいっても頑張って走ってね。:-)

川崎 1 番線
 保育士さんが 700 形をバックに記念撮影

739F と 1317F ちょい無理矢理トリミング
 大師線内を貸切で 5 往復。これからは 1000 形にバトンタッチ

贈呈の後、ヘッドマークを掲げる川崎大師駅長
 ヘッドマーク贈呈。後ろの運転士らが抱えている花束は、子供たちによる手作りとのこと

セレモニー。ヘッドマークを交換
 川崎駅でセレモニー。ヘッドマーク交換後

品川駅 3 番線
 晩秋の品川駅。もうここに来ることは二度と無い

さようなら~
 最後はやっぱり地元で。子供たちが作った助手席側のオブジェが印象的