何話か見て、面白くないから見なくていいかなーと思っていたら、Wwood さんから「かっこいい能登が出ている」と勧められたのでやめずにそのまま見続けていた。基本的に俺はメカものは苦手なのだが、この作品はメカの操縦シーンより主人公達の生活シーンに重きが置かれていたので、なんとか見られた要因でもあったと思う。

 結局最終話まで見たのだが、作画クオリティが全体的に低くあの“ヤシガニ”までは行かないが総崩れしている回があったり、いくら二期へ続くからといってラストの主人公達のピンチを強力な助っ人が現れて敵を一掃しました! って解決してしまう、もの凄く手抜き脚本だったりしたのもネタと考えれば面白かったかもしれない。

 まあ、二期も取りあえず見ると思います。