知らない人のために。その特設サイト。まあ、要はライブですな。もちろん、fish tone が出るから足を運んだわけだが。

 fish tone のライブは今まで DJ スタイルのプレイは見たことあったけど、実際に演奏するスタイルのライブは今回が初めてだったので、すごく新鮮だった。ソロでなく、木箱とモモイヒトミのセッションだったということも含めて。
 しかし、何より驚かされたのが音響セッティング。普通、ライブというと爆音で腹にズンズン響く低音で、終わった後は耳鳴りが暫く続くというというのが殆どなんだけど、fish tone ステージの音量は控えめで、自宅で聞くより少し大きめの音量といった感じ。これがすごく聞きやすくて、本当にナチュラルに音を楽しんでもらうという fish tone の信条が伝わってきて、やはりこういうこだわりは並大抵じゃないなと改めて実感させられると共に、ライブは爆音だけじゃないということを提示するという意味で非常に大きな意義があると思った。
 木箱とのセッションも、エレクトロの雰囲気にマッチした西村サトシのギターに、SAyA とボコーダーを通した fish tone のハモリはfish tone ならではの演出でこういった工夫をしてくるのはさすが。モモイヒトミのボーカルに SAyA のコーラスもすごく良かった。

 惜しむらくはかなり無茶な日程だったのと、演目が少なかったこと。こればかりは主催者側の都合だからいかんともしがたいんだけど、日程と時間の都合で来られなかった人も多かったと思うと、こんなに素晴らしいステージだったのに非常に勿体なく思う。ともあれ、いいステージが見れたことは本当に良かった。次も楽しみだ。