“どう見て萌えろアニメ”。atok の変換バカだよなぁ……。正しくは“どう見てもエロアニメ”。

 TOKYO MX 以外の地上波がやらないわけがわかった。というか、MX は過去の特撮などの再放送でもよほどのことがない限り、他局ではカットされる差別用語とか“おことわり”をいれつつそのまま流している。このご時世に、こんなにも表現の自由に対して強い理念を持つ局は珍しい。

 といっても、いくら深夜帯で修正ありとはいえ地上波でここまでの表現はやりすぎだと思うわけですが。自分がガキの頃はエロ本とかなんで読んじゃいけないんだよって思ってたけど、大人になってから考えるとやはりあの世代には見せてはいけないものだと思う。地デジはペアレンタルコントロールって対応してなかったっけ?

 表現方法は守られるべきであると俺も強く思うけど、やはり見せてはいけない世代には見られないシステムの確立というものも急務だと思うんだよね。でないと見られる世代が見られる表現方法も難癖付けられて出来なくなってしまいかねない。件の“非実在青少年”なんか最たる例だ。