単行本未収録エピソードですが、まあ、今更だなんて言わずに。

 永遠の “レイニー止め” といったところなんでしょうか。こういうやりきれなさも、また面白いところではありますが。読み終わった後の気分としては、ウィンダリアとかガンダム 0080 に近い感じがありますね。いつもながら “チョコレートコート” というタイトルセンスはさすが。

 さて、未読はついに残すところあとひとつ。もったいなくてなかなか読めません。