最近の J.C.STAFF 制作のアニメは鉄道車輌が結構忠実に描かれていて(というかレンダリングした 3D モデルを動かしているようだが)、鉄オタ的には見ていて不快感が少なくてよろしい。
 本編は鎌倉が舞台ということで、またわりと身近な場所が舞台となっていた。乱暴に言うと百合ものになるんだが、掴みはよかったので暫くは見ることになりそうだ。

 ところで、原作が連載されている雑誌を調べたら『マンガ・エロティクス・エフ』という雑誌で、山本直樹がスーパーバイザーを務めているそうで。言われてみれば山本直樹が選びそうなストーリー展開だなという気がした。
 山本直樹は昔は好きだったんだが(『はっぱ 64』とか)、どんどん人間の内面に迫っていくエグい作品ばかりになってしまい、読んでいてキツい“娯楽としてのマンガ”でない作品ばかりになってしまったので、ずいぶん前に読むのをやめてしまった。

 話は逸れたけど、長身で黒髪ストレートで眼鏡掛けてる娘は好きです。って逸れたまんまか。