てなわけで箱○版の『デススマイルズ』をやったら結構面白くて、なかでもキャスパーがお気に入りでメインに使っているところに、HOBBYJAPAN でフィギュアが誌上通販されるとの情報を知ったのが先月のこと。製品情報
 完成品ではないが、カラーレジンで塗装も殆ど必要なく「初心者でも簡単に作れます」との売り文句から少し考えたあげく注文。何しろ自分は小学校の頃にガンプラを作って以来、この手の製作経験は全くない。
 ただ、細かいモノを作るのは好きだし、電子工作はたまにやっていたから(それでもここ何年かはやってないか)、何とかなるだろう、と。

 そしてちまちま製作すること一ヶ月ちょっと。ようやく完成。いやしかしカラーレジンといい、各パーツの組み合わせの精度といい、とてもよくできているので初心者の自分でも簡単に作ることが出来た。なにより、もの作りというのは本当に楽しい。
 しかし今はペン型の塗料もあるし、Web でフィギュア製作講座などを調べることが出来るし便利になったものである。そりゃ 30 年近く前と今を比べたら当たり前っちゃ当たり前だが。

 しかしアレだね、いちから塗装するガレキも練習して頑張れば作れるじゃないかって気にさせてくれるね。というか、造っている工程が楽しいし、本格的にやってみたくなった。

 他にうまい人が細部の写真とか載せてるだろうし、下手くそな自分の出来を載せてもしょうがないので、写真は 2 点だけにしておこう。


Casper(11) その 1
Casper(11) その 2