アニメ第46話 完成原稿速報・ブログ版

 OP がちょっと違うと告知していたけど、歌い手差し替えだったのね。1,2 クールの OP もそうだったけど、声優版はアレンジも微妙に違ってるんだよなぁ。1,2 クールの OP はインスト版が凄くカッコいいのでオススメ。ちなみに今回の ED は 1 クール ED の可憐 Girl’s 版でした。

 ところで、アニメの内容はともかく、椎名高志の記事を読んでいたら『おにいさまへ、、、』の事が書かれていたので驚いた。あの伝説の“キスぼかし”、実は演出ミスだったとは知らなかった。狙った通りに小さな透過光の演出だったらどんな感じになっていたんだろうか。確かにあれは当時強烈なインパクトがあったけど、そのぼかしがどうこうでぶれるような作品じゃなかったけどね、『おにいさまへ、、、』は。

 さて、そんなわけで久しぶりに『おにいさまへ、、、』の単語が出てきたので、web では今どんな関連ページがあるのかと検索してみたら、今は亡き羽田健太郎氏の映像音楽楽曲集に激伴が 4 曲ながら収録されている『ハネケンランド~羽田健太郎 その映像音楽の世界~』が出ているとのこと。
 この作品、未だに大人の事情なのかサウンドトラックが出ていない。当時の日曜 BS アニメ劇場(正確なタイトルは忘れた)の他の新作アニメはサントラが出ていたので、何故この作品だけ出ていないのか不思議であり、残念でならなかった。

 アマゾンのリンクからサンプルが視聴できるが、M ナンバーのままなあたりサントラを出す気が全くなかったことを物語っている。M-1 は懐かしのタイトルコールで、これは LD なり DVD から録ればいいが、他はセリフが絶対に被るからなぁ。ジングルとして多用された、あの学校のチャイムとか聞きたい(でもこれも被らずに録ろうと思えば録れるか)。

 そういや LD のライナーノーツで庵野氏もサントラを熱望していたなあ。たのみこむで立案されてないかと思ってみてみたら、やっぱり同じ事考えている人いるのね。立案リンク。でも 2006 年に立案終了してるな。こりゃ無理そうだ……。