夕日を浴びて南下する「ありがとうぎゃりー号」